※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

議事録

2月10日17時半~
@工学部1号館

議題:
 ・次回ミーティング
 ・パイロット版日程
 ・海外とのコンタクト
 ・ポスターについて
 ・国際交渉とは何か?
 ・技術移転をどう交渉するか


○ 次回ミーティング

2月13日(月)
 時間・場所未定


○ パイロット版日程

-日程調整

14日: 18時~
 パイロット版の予行:6名程度で行う

16日: 13時~
 パイロット版
 参加者:渡邊・村山・井上・平松・花崎・わんちゃん・神戸・鎌田・他



○ 海外生とのコンタクトの取り方。

担当:村山
  • AGSへの参加予定者を確認する
  • 企画書案を送る
  • パイロット版の報告をする


○ ポスター

ポスター作成:Key Word: Country divergence
3月14日印刷予定




○ 国際交渉とは何か?

 ・2国間交渉と、国際交渉の違いは何か
 ・国際交渉=国際的なルールを決める場
 ・詳細な取り決め(お金がいくらか等々)ではない
 ・COPで行われていた議論から、国際交渉のあり方を考えた

補足:資金面のことも国際交渉の議題になる。

○ 技術移転をどう交渉するか

-技術移転(CC)の内容を絞ること

技術移転はどんなものがあるか?
  • システムの移転(建物、道路)
  • 製品技術
  • 生産過程
  • 電力関係:原発、大規模水力、天然ガス

3人の限界説→みんなに協力してもらおう!

システム:
水:わんちゃんに聞く。
車:大我
森林:寺田
CDM:平松
中国の省エネ:渡邊

技術移転がなぜ国際交渉となるか?
 数量化の難しさ:
 質的移転の図り方、それに対するメリットは何か。
 UNFCCC第4条5項:技術移転に関して
 ↑
国際交渉とは・・・
 ルール作り?
 →技術移転のルールを考える
 何のルールか?
 オプション選択?

交渉の目的:
 ・ 合意文書を作成
 ・ 選択式(オプションを選択する)
 →選択とは?
 ・ 得点を決める:数遊びにならない?
 ・ 合意のために議論する:主張、説得納得ゲーム?

どこまで合意がとれていて、これから何を議論するのか?
 ・温暖化対策をすべき
 ・技術移転の対策をする→ここまで合意済
 ・どの技術の分野にルールをつくるか
 ・ルール(CDM等)の運用はどうするか


● 国際交渉における技術移転
-どの分野を推進するか ⇒ 
  • HFC22(新規?既存?)
  • CO2回収貯留(海中?地中?)
  • 原子力(新規?設備管理?)
  • 植林(再植林?新規植林?)
-運用はどうするか? ⇒
  • 評価機関
  • タイムスパン


結論!!


技術移転における各国の現状を調べ得点化し、
パイロット版を行う。

調べること(例)

全体:      日  米  EU  中  産油  後発
  • 土地利用
  • 面積
  • 人口
  • 経済
  • 産業
  • エネルギー
  • 考え方
  • 技術

         ↓  ↓   ↓  ↓  ↓  ↓

各国の以下の項目に対する考え方を決める

●HFC22(新規?既存?)
●CO2回収貯留(海中?地中?)
●原子力(新規?設備管理?)
●植林(再植林?新規植林?)
●評価機関
●タイムスパン