※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

地形について

基本的に場に一つしか発動できない。
新しく発動するとそれまで効果を発揮していた地形カードは消滅する。
上書き発動によって消える古い地形カードは破壊では無く消滅するのに注意
※例外として水地形を保護するポセイドンがある>詳しくはカードリスト参照

魔法・武装・魔法陣と同じようにカウンターステップで発動させることが可能。

名称 属性 説明
フラッシュ 光属性のユニットの攻撃値・守備値は1000up 発動時次のダメージを0にする 4回目のエンドフェイズに消滅する
リヴァイアサンの怒り 水属性ユニットの攻撃値・守備値は600up 発動時、場の地属性のユニット全てを破壊する
光の滝 光属性のユニットの攻撃値は900up 発動時、同列の前衛ユニットを未行動にする
暴風雨 水属性ユニットの攻撃値・守備値は600up 発動時、場の地属性のユニット全てを破壊する
死霊の歌 闇属性ユニットの攻撃値・守備値200up 再生した闇属性ユニットは攻撃値・守備値1000up
水属性ユニットの攻撃値・守備値は600up 発動時、互いの前衛・手札の攻撃値300以下のユニットを破壊する
火の雨 火属性ユニットの攻撃値は600up 発動時、守備値1000以下の前衛ユニット全てを破壊する
砂塵 地属性ユニットの攻撃値・守備値400up 他の地形カードの発動を無効化し消滅させる
赤熱の山 火属性ユニットの攻撃値・守備値は1000up 発動時、プレイヤーのユニット全てを破壊する
風の聖霊 シルフ 風属性ユニットの攻撃値・守備値は800up ユニット兼地形カード
高原 風属性ユニットの攻撃値・守備値は800up 発動時、後衛ユニット全てを裏表示にする
黒の契約 闇属性のユニット攻・守+600 破壊された時、その場所で捨て札の闇属性ユニットを再生させる
魔王の花園 魔族でないユニットの攻・守-600 発動時に全ての魔方陣を裏表示にする

地形カード個別情報

[フラッシュ]

攻撃・守備値1000upは全地形でも屈指の上昇率。
そして追加効果のダメージ回避効果は、カード自体が消滅、破壊された場合も残ります。
ダメージ回避はどんなダメージも回避出来る模様で、
山札切れを起こした時の-500やソーサラー効果による直接ダメージ等も回避出来ます。

[リヴァイアサンの怒り]

いずれかの場にリヴァイアサンがいる状態で暴風雨を発動すると名称がリヴァイアサンの怒りに変化
効果は暴風雨と同じ、その後の展開によらず変化は戻らない
暴風雨と別カードとして扱われ、それぞれ1枚ずつあってもゼウスの審判で破壊されない

[光の滝]

攻撃値のみ上昇する点に注意。
光の滝の前にあるユニットが再行動可能になる効果を持っています。
本来、旅人の秘剣でターンエンドになるのですがこのカードを使用すれば相手の計算を狂わすことができます。
また、真実の鏡で発動しなおすと2回、3回と連続攻撃ができます。
「発動する」という効果なのでユニットの特殊能力も発動します。

[暴風雨]

能力値上昇率は海と同じですが、地属性ユニットを問答無用で破壊します。
防御ユニットの代名詞である岩の砦や最高クラスの能力値を誇るウリエルを墓地まで流すことができます。
また、ドワーフの斧を装備、タランチュラの卵で再生したユニットなども破壊することができます。

[死霊の歌]

死霊の歌は闇属性ユニットが再生したときに1000/1000能力値を上昇させます。
この能力値上昇は地形が破壊されても続き、再生するたびに能力値は上昇していきます。
そのため、総合的に見て一番能力値上昇が高い地形です。
ただし、この効果は相手にも有効なので命の雫などで強力なユニットの作成をされる危険性があります。
死霊の歌で上がった能力は再び破壊されて墓地へ行っても効果が残り重複して上がっていきます。
さらに上昇した後のユニットへ弱体化を狙ってアロンを使っても死霊の歌の効果なのでその数値を消す事は出来ません。
この事を利用したケルベロスによる再生アロンコンボなどが存在する。

[海]

発動すると前衛、手札の攻撃値が300を下回るユニットを破壊します。
破壊される事の多い代表例は岩の砦、プリースト、沈黙以外のデスシリーズ、傭兵、一部PCです。
自分にも効果はおよぶのでこのカードを使用する際は上記のカードを入れないor使うタイミングを気をつける必要があります。
ただしこの効果には修正値が適用されるので、地形やユーサーなどの常時攻撃力を修正するカードで破壊するカードをコントロールすることができます。

[火の雨]

攻撃値のみ上昇する、火属性らしい地形。
発動した時点で防御力1000以下の前衛のユニットを破壊する効果を持っています。
この効果はなんらかの方法で弱体化し、1000以下になっている場合にも有効です。
逆になんらかの方法で強化を行い1000以上になっていれば回避できます。
魔王の花園が先に発動していて、後から火の雨を発動した場合、
魔王の花園で守備値1000以下になっていたユニットは破壊される。

[砂塵]

1ターンの間、他の地形の発動を無効化します。
そのため、砂塵が発動したターンは破砕の雷で破壊しないかぎり地形効果を上書きできません。
砂塵が有効なのは1ターンだけなので、発動したターンを通りすぎれば自然に消滅します。
唯一、相手の地形に対応して発動できる地形。

[赤熱の山]

使える場面が非常に狭いカードです。
フェニックスとの相性が良い…というかコレくらいしか有効なカードが無いのでよくペアで使われます。
攻撃値・守備値ともに1000upという最高の上昇値だが、自身の場のユニットの全破壊、
火属性ユニットのほとんどがライトニング圏内に入ってしまう、普通に地形の上書きで消滅すると、
デメリットの方があまりにも大きいので使い勝手は非常に悪い。


[風の聖霊 シルフ]

ユニットでありながら地形であるカードです。
自分のターンなら裏表を好きなように変化できるため、相手の地形つぶしに利用されることが多いです。
アロンダイトで無効化できるのは能力値上昇だけなので地形破壊としての能力は持ちます。
また裏表示にすれば相手のターンのカウンターフェイズに発動したり、
前衛に置く事でカウンターフェイズに攻撃ができるカードでもあります。
表表示のサラマンダーが存在する場合は、風属性のユニットを強化する火属性の地形として判定されます。

[高原]

後衛のカードを裏返しにする効果は支援系のカード(森のエルフやマーリンなど)を一時的に封じることができます。
カード説明では後衛ユニット全てとなっているため解り難いですが実際は【自分の全ての後衛ユニットにのみ】効果があります。
なので魔術師サイクルや妖精サイクルで膨れ上がった所へ打ち込まれたライトニング回避等に使うと便利だと思います。

[黒の契約]

黒の契約によるユニット再生は消滅の場合効果は発動しないので、
上書き発動によって消える古い地形カードは破壊では無く消滅するのに注意したい
前衛に配置することがデメリットではないので、ガイアとの相性がよい。
ヘルハウンドによるサイクルでの破壊にも反応し、その場合サイクルの1番上に選んだカードが戻ることになる。
また魔法・武装カードでは無いのでフォースフィールドが付いたユニットの選択も可能。

[魔王の花園]

魔王の花園は魔族があれば他の種族が入ってた場合でもマイナス効果を回避出来る。
フォールンエンジェルやルシファー等の魔族+天使やグラシャラボラスやロキ等の魔族+魔術師等がその対象になります。
花園の魔方陣を裏表示にする効果は、裏表示になると同時に行動済みとなりそのターンでの発動も封じられます。
真実の鏡を利用すれば何度でも裏返しにする効果を利用できます。
また、この効果を使えばラグナロックのコントロールやライトニングロッド、魔法のカーテンの再利用が可能になります。

[ポセイドンについて]

地形カードではありませんが、
複合地形サイクルに便利なユニット海神ポセイドンについてです。
水属性の地形は水属性のカード以外で消滅しなくなるので、水を含む複合地形サイクルの要になります。
ポセイドンが表表示ならば、たとえ砂塵がカウンター発動したとしても消滅せず裏表示のまま場に残ります。
ただし破壊や水属性のカードには効果がないのでウンディーネによる消滅や破砕の雷による破壊を防ぐことはできないことに注意。