ホントはオマエが大嫌いだったんだよぉぉぉ~!!@まとめ 其の七かしら~


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「久しぶりだね」

・・・・・・いえ、今日昼間に、お会いしたばかりですよ。


また俺は夢の中にいた。夢だと自覚出来る、夢の中に。
今夜の夢は珍しいことに、色つきだった。
風景もはっきり記憶していて、それは初めてのことだった。
何処か・・・目の前に青い海の広がる、白い手摺りに手を掛けて、海を眺めていた。
しかし見ている映像は鮮明なのに、意識は朦朧としていた。
先生の声が背中越しに聞こえたが、俺は振り返らなかった。
今にも倒れそうで、手摺りを離したら倒れてしまいそうで、
先生を振り返ることが出来なかった。


「さっきは、災難だったね」

・・・・・・ええ、全くです。

「楽しい旅の途中なのにね」

・・・・・・ええ、そうですね。でも、別に構いはしません。

「そうだね、どうしてお友達に、さっきのこと言わなかったのかな?」

・・・・・・そんなこと。だって、普通に白けるでしょ?

「本当はこわかったんじゃない?」

・・・・・・馬鹿にしないで下さい。随分腹は立ちましたけどね。


先生が、さも可笑しそうにクスクス笑うのが気配で感じられた。
馬鹿にしやがってこの○○○○、と心の中で少し汚い言葉で罵ってみた。
それがまるで聞こえたかのように、先生は急に笑うのをやめ、
ゆっくりと近付いて来た。俺のすぐ背後で、先生は足を止めた。
俺の肩に先生のサラサラと長い髪が触れ、耳には吐息がかかるほど、近くに。
そして、先生の躰のいい匂いがした。香水、かな・・・?
でもこの匂い、何処かで・・・感覚はそれ程はっきり知覚しているのに、
俺の意識はすぐにでも飛んでしまいそうだった。


「キミ、自分の所為だって思ってるんじゃない?」

・・・・・・は?

「自分がいるから、こんな事件が起こったと思ってるんじゃない?
だからお友達にも、言えなかった」

・・・・・・そんな被害妄想的な発想、僕にはありませんよ。

「わかってるくせに、キミは」

・・・・・・帰って下さい先生、僕は、


先生の言葉を遮り、振り返ろうとして手摺りから手を離したその瞬間、
俺の躰は大きくぐらりと揺れ、手摺りの向こうへ落ちた。
あ、と叫ぶまもなく、意識は深い闇の底に沈んで行った。


「オイ、大丈夫かよ、貴桐!」

その声と、自分の躰を揺さぶる手によって目を覚まし、
俺は反射的に、目の前に伸ばされた手を力一杯掴んだ。

「なんだか、うなされてたぞ。大丈夫か?」

不幸にも、その手は石坂の手だった。うわ、キモ。
慌てて手を離したが、石坂は特に気にしていないようだ。よかった。
大丈夫だ、起こして済まなかったと謝ると、石坂はそんなこともあるさ、と言い、
また自分の布団に戻って行った。・・・それにしても。
夢がだんだん、近付いている。ホテルの仄白い天井を眺めながら、そう思った。
もう一度目を閉じる気には、とてもなれなかった。


続く
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|