※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

まず生塗りが先で、高温用を必要以上に厚塗りし、その上に2種類を同時に持って、ポタポタ。比率は持ち方でどうにでもなるけど大半は硬い方が多くなるように垂らして、ペーパー使う。

最近の主流は、極端な温度差をMIXしたベースを仕上げ、滑走も同様の温度差MIXに、ほとんどグラファイトをMIXするそうです。滑走の選定に関しては、私も経験上で激しく同意です。
ベースのMIXっていうと面倒臭そうですが、使用後にHOTWAXでクリーニングしますよね?
少し使用量が増えますが、それをMIXで行えばいつもと変わらぬ労力ですからね。。。
  

更新履歴

取得中です。
 

メニュー


ワクシングの基本


スキーのベース


道具編


FAQ

いわゆるQ&A

リンク

メーカー、論文など

2chログ

ログへのリンク

過去ログ倉庫へのリンク

にくちゃんねるへのリンク

Download(準備中)






  • 本日のご来訪 -

  • 昨日のご来訪 -

作った人
244=251