※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1.ブロンズブラシで軽くトップからテール方向へブラッシング
 凝り性の方はブラッシングの前にペーパーで軽くサンディング。

2.ベースWAXを生塗り。その後ベースWAXをアイロンで溶かしながら滑走面へ垂らす。

3.ワクシングペーパーにも同じように染込ませる。

4.アイロン掛け。アイロンの温度設定は、WAXが溶けるギリギリの温度に設定する。
 先ほどWAXを染込ませたペーパーをソールに乗せて、その上からアイロンを当てる。
 動かす方向はトップからテール方向。アイロンの動きを止める事なくペーパーと
 アイロンをズラシながら万遍なく塗る。

5.冷却。30分から1時間程放置(理想的にはまる1日放置)

6.スクレーパーをトップからテール方向へ引く様に動かしワックスをはがす。
 角度は手前45度程度で、均等に力を入れる。カスがでなくなるまで何回も繰り返す。

7.ナイロンブラシでストラクチャー(細かい溝)内のワックスを掻き出す。方向はト
 ップからテール方向に向かって毛先が 倒れない程度の力で。これもカスが出なくなる
 まで繰り返す。

8.馬毛でトップからテールに向かって艶が均等に出るようにブラッシングして仕上げ。
  

更新履歴

取得中です。
 

メニュー


ワクシングの基本


スキーのベース


道具編


FAQ

いわゆるQ&A

リンク

メーカー、論文など

2chログ

ログへのリンク

過去ログ倉庫へのリンク

にくちゃんねるへのリンク

Download(準備中)






  • 本日のご来訪 -

  • 昨日のご来訪 -

作った人
244=251