AoSルール補足

基本ルールとウォースクロール・コンペンディウム(旧勢力PDF)には載っていないルールについて
(バトルトゥームにの記事であるヒント&ティップスやウォースクロールの読み方解説ページでルールの補足が乗る事があるため)

  • セーブ値が'-'であるユニットは、いかなる出目修正を加えたとしても自動的にセーブロールに失敗する。(ウォースクロール解説から)

  • ユニットの初期配置を順々に行う場合、一つのバタリオン内のユニット全てを同じタイミングで配置する事ができる。もしくは、そのバタリオン内の複数のユニットをまとめて同じタイミングで配置し、その他の残ったユニットを通常通り一順ずつ配置する事もできる。あるいは通常通りにバタリオン内の全てのユニットを1ユニットずつ順々に配置していく事もできる。(バタリオン・ウォースクロール解説から)

  • あるモデルが同じ武器を2つ装備しておりモデルがそれらの武器を使って攻撃する場合、その攻撃回数が2倍になることはない。しかし、その代わりに追加のアビリティが設定されている場合がある。(グランドアライアンスケイオスから)




見落とし易いルールや勘違いしやすいルールについて

  • カバーセーブは接近戦時にも適用される。

  • 射撃のアタック回数は分配して攻撃する事ができる。

  • 突撃移動は距離が足りている限り、最短直線では無く迂回する事ができる。

  • 接敵移動をする場合、 最も近い敵 に向かって近づく事。

  • モータルレルムとは、天空(シグマーとストームキャストエターナルの本拠地)を除く八大魔法に対応した7つのレルムである。
 (炎、金属、生命、影、死、獣、光)