※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

私たちはどのようにそれをすべて作りますか、行く?
上にレイアウトされた基礎的なXMLリスト中で注意するべき最初のことは、基礎的なオブジェクト(すべて)に1つのことが共通にあるということです:<名前>タグ。このタグは、JavaScriptの中のオブジェクト操作(小型装置仕事を行なうためにKonfabulatorが使用するコード)を許可します。
How do we make it all go?
The first thing you should note in the basic XML list laid out above is thatall the basic objects have
one thing in common: a <name> tag. This tag allows object manipulation inJavaScript, the code
that Konfabulator uses to make Widgets work.

JavaScriptは実行されるユーザがそれをコンパイルする必要はないことを意味して、スクリプトを書く言語として知られています。
JavaScript is known as a scripting language, meaning that it does not need tobe compiled by the
user to be run.

それを学習するべき任意の平均コンピューター・ユーザに対する最適な選択にして、言語をコード化することは、さらに多くの他のものよりはるかに単純です。
It is also much simpler than many other coding languages, making it a perfectchoice
for any average computer user to learn.

私たちは言いました、1つの、小さな方法、後ろに、あなたのXML目的でJavaScriptを働かせることへの重要な要素は名札です。
We mentioned a little ways back that the key element to making JavaScript workwith your XML
objects is the name tag.

これで動かすことができるいくつかのものがあります、しかし、最も単純な方法のうちの1つで始めましょう。
There are several things that you can work with this, but let's start withone
of the simplest ways.


name.attribute = 255;


確かに、今別々にこれを壊しましょう。
Alright, now let's break this apart.

?期間の前の部分はオブジェクトの名前が置かれる場所です。
" The part before the period is where the object's name is placed.

それは単に文字(そして適切なこと、小文字のもの)から始まることができ、単に英数字の特徴および下線("_"特徴)を含むことができます。
It can only begin with a letter
(and to be proper, a lowercase one), and can only contain alphanumericcharacters and underscores
(the "_" character).

名前をレイアウトする共通の方法は下にリストされます。また、方法はすべて受理可能です。
Common ways to lay out a name are listed below and are all acceptable.

また、方法はすべて受理可能です。何を用いて仕事をしているか思い出すことができるように、あなたの目的に簡潔な名前を与えることは非常によい考えです。
" myGreatName79
" my_great_name_79
" mygreatname79

It is a very good idea to give your objects concise names so you can rememberwhatyou're working with.
" myGreatName79
" my_great_name_79
" mygreatname79

前のコード中の期間の後の部分はオブジェクトの属性です。期間の前に指定したオブジェクトのためにそれらのそれぞれの属性をセットするためにここで「不透明」のようなもの、「hOffset」あるいは「フォント」をタイプするでしょう。
" The part after the period in the preceding code is the object'sattribute.
You would type something
like "opacity", "hOffset", or "font" here to set those respective attributesfor the object you
named before the period.

上記のXMLリストで、操作しているオブジェクトに付随する属性のうちのいくつかを見ることができます。再び、Konfabulator参照PDFは完全なリストを持つでしょう。
In the XML list above, you can see some of the attributes that go
along with the object you're manipulating. Again, the Konfabulator ReferencePDF will have a
complete list.

「=」オペレーターは、指定されたオブジェクトの属性にそれに続く値を割り当てます。?最後のコードはオブジェクトの属性に割り当てられた値です。
" The "=" operator assigns the value following it to the named object'sattribute.

割り当てることができる3つの異なる種類の値があります。
" The last piece of code is the value assigned to the object's attribute.There are three different
kinds of values that can be assigned.

?ブールの値-これは0か1つのいずれかです。あるいは、それをセットすることに決めることができます、に、もう少しの読みやすさを望めば、それぞれ誤りか真実。
" A boolean value - This is either a 0 or a 1, or you can choose to set it tofalse or true respectively
if you want a little more legibility.

リテラル値-これは任意の数でありえます。
" A literal value - This can be any number.

ストリング-この種の値は数と同様にテキストも含むことができます。この値をセットする場合、引用符でそれを囲みます。
" A string - This type of value can contain text as well as numbers. Whensetting this value,
you enclose it within quotation marks.