※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
1月27日

一応、昨日のコラムの続きなので・・

昨日のコラムでは芸術とのふれあいをテーマにしたわけだが、
書きながら何か違和感を感じたので、あとでプー至近美術館展について調べてみた。

プー至近美術館というのはロシアにある、プー至近の没後100年に建てられた美術館らしい。今回そこの立派な所蔵品が日本に来るというものだった。

やっぱり、間違っていたか。 美術「館」展って変だな?とは思っていたのだ。

そしてプー至近は絵描きさんではなく有名な詩人だった。

ここでも間違いを犯していた。
当然、プー至近は女性ではなく、男性だった・・・
しかも、もみ上げが恐ろしく長い。 あごへいくほど広がるタイプだ。

私は、もみ上げの長い男性ポエマーの、屁を至近距離で味わいたかったわけではないのだ。  
ほほを赤らめてもらってもいっそう困る。

ちなみに、その美術館の館長さん(イリーナさん)は女性だが、
おばあさんだ。  おばあさんの「プー」も困る。

なかなかうまく行かない。


カテゴリ: [たれながし] - &trackback- 2006年01月27日 12:36:19

#blognavi