※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
ある寒い日の、会社からの帰り道。
電車の乗換えで乗り換えホ-ムに向かうと、直系50cmくらいの凍った水溜りがあった。
おっと、危ないと思いながらも軸足はきちんと残し、もう一方の足で氷の表面をツルツル
と滑らしてみる。おお、滑った。当たり前だが、なんか楽しい。
あんまりやってると馬鹿かと思われるので、凍った水溜りを通り過ぎ、少し離れた位置で観察してみた。

小学生らしき子供が来た。当然ツルツル。当たり前だ!
疲れた中年サラリ-マン。意外とツルツル。年取ってもやるんだ。
ハイヒ-ルのお姉さん!これまたツルツル。ヒ-ルだから危ないよ。気をつけて!
おばさん、サラリ-マン、またサラリ-マン・・・
最後に5人家族が来た。お母さん以外全員ツルツル!
やった!
数えてたら、なんと14人!!

なんだ!凍りツルツルは、前屈みなアクションじゃなかったんだ!
非常に一般的!むしろ常識!!
すがすがしい気持ちになって電車を乗り換えた。



カテゴリ: [前屈み] - &trackback- 2006年02月23日 13:07:51

#blognavi