※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

YAMAHA VL70-mについて。

目次

概要

  • S/VA方式、同時発音1音の音源モジュール
  • 音色数: 256音色 + カスタム6音色、ユーザ設定64
    • ウィンドコントローラー用の音色は半分強(プリセット1に少し、プリセット2に128個)
  • エフェクタ内蔵(リバーブ、コーラス、バリエーション、ディストーション)
  • ハーフラックサイズ (幅220mm×高さ46mm)
  • 電源はACアダプタ(付属)
  • 入力端子: WX-IN (MIDI INとWXシリーズへの電源供給)、ブレスコントローラ、MIDI-IN、TO-HOST (RS-232C-MIDI)
    • ブレスコントローラの信号をMIDIに変換してMIDI-OUTから出力する機能を持つ。
    • TO-HOST端子は、シリアルポートを持つPC/Macの他、MIDIインターフェイスUX256と繋ぐことも出来る。
  • 出力端子: LINE OUT L,R、ヘッドホン、MIDI OUT、MIDI THRU

リンク集

メーカーサイト

ユーザーサイト


音色データファイル (MIDIで音源に転送)

VL70-mなどの「カスタムバンク」(音色を6個記憶できる)に書き込んで使う音色データファイルについて。

音色データ(*.LIB形式)の転送手順

1. 「MIDI SETUP」ボタンを押してVL70-mが接続されているMIDIポートを選ぶ。複数選択できる。
(注意:「MIDI SETUP」はVL Visual Editorの外に独立したウィンドウとして表示されている)

2. メニューの「設定」→「VL Visual Editor MIDI...」で、1.で選んだMIDIポートのうち1つを選択する。
機材を複数台、同じMIDIインターフェイスの同じMIDIポートに繋げているときは、機材側でDevice No.を別々に設定しておくと良い。
VL70-mの場合は「←SELECT」ボタンを数回押して「DevNo.」が表示されたら、「=all」を「=001」や「=002」などの個別のIDにする。

3. メニューの「ファイル」→「VLボイス 開く...」で音色ファイル (*.LIB) を開く。「VLボイスリスト」が開く。

4. 「VLボイスリスト」ウィンドウで音源に転送する音色を1つ選ぶと音源に転送され、音源でこの音色を鳴らせるようになる。ただし、この時点ではこの音色は音源には記憶されない(音源側で音色を切り替えたり、電源を切ると元に戻る)

5. 「VLボイスリスト」で音色を1つ選び、メニューの「ファイル」→「カスタムボイスのロード...」で転送する。転送先はカスタムボイスの1~6番から選ぶ。この作業を行うと、電源を切っても音色が保持される。

Patchman Music Yamaha VL70-m Soundbanks


Best of the Windlist VL70-m voices

Best of VL70-m
WindList メーリングリストで好評だった音色データ BEST-OF.LIB と BEST-OF.CMT を入手できる。

音色ROM (本体のROMと差し替え)

Patchman Music TURBO VL, WindList PROM
;

差し替え手順

注意:

1. 本体の後ろのネジを3本 (MIDI IN, MIDI THRU, OUTPUTの各端子のそばに1本ずつある) を外して、本体を裏返す:
; ; ; ;

2. 底のネジを4本外して、底面のふたを後ろにずらす:
; ;

3. ROMを注意深く外して、交換する。IC抜き - Google 検索 があると便利だ。

4. ふたをはめて、ネジを締める。

Patchman Music TURBO VL Upgrade Chip for Yamaha VL70-m

交換用ROM1つ、Preset 1+2 で128音色×2バンク、価格 $295 + 送料 $30 (だったと思う)
Patchman Music

WindList VL70 ROM

Best of VL70-m
YAMAHA音色のうちウィンドコントローラーに向かない音色を、WindList メーリングリストで好評だった音色データに交換したROM

関連ページ:PLG-150VL, Patchman Music