※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

EWI USBについて。

「2014年3月販売完了」とのこと。(製品情報:EWI USB:AKAI professsional より)

目次

サイト

メーカーサイト

サードパーティ

ユーザーサイト

EWIUSB.COM

EWI USBのファンサイト。ニュースや技術記事を提供。
記事:
  • EWI dissassembled and easy fixes (EWI USBの分解と簡単な修正)
  • Increasing airflow the dangerous way (「物騒な方法で」息の通りを良くする)
  • Controlling Settings via Midi, Part 1 (MIDI経由でのコントローラの設定、パート1)
  • Controlling Settings via Midi, Part 2 (MIDI経由でのコントローラの設定、パート2)
資料:
  • SysEx / NRPN Reference .PDF (システムエクスクルーシブとNPRNのリファレンス)

動作環境

EWI USBの動作確認報告も参照のこと。

PC

  • OS: Windows 2000 (非推奨), Windows XP, Windows Vista
    • 注意: EWI USB本体は Windows 2000で使えない 。マイクロソフトのUSBオーディオデバイスドライバのインストール中にエラーが発生する。スレ13の955, 971に報告あり。現時点までにではスレには成功例はない (2009-03-16)。
    • ARIAについては、Windows 2000では、スレ13に成功例2件あり。
    • 2009-08-25追加: Gigabyte GA-EP45-UD3P (rev. 1.6) + Windows 7 Professional 64bit版 (Technetより入手) にて、EWI USB本体と、ARIA v1.005の32bit版と64bit版が両方とも動作することを確認した。
  • CPU: Pentium 4/Athlon 4 2.8 GHz以上を推奨
  • ハードディスク: 空き容量 1.2 GB 以上 / 7200回転以上を推奨
  • メモリ: 1GB / 推奨: 2GB
  • インストール時に DVD-ROM 対応ドライブが必要
  • 画面解像度: 1024 x 768以上
  • ASIO対応のサウンドカード, あるいはASIO#ソフトウェアによる対応が必要

Mac

  • OS: Mac OS X 10.4以降
  • CPU: 推奨: PowerPC G5 2.0GHz or Intel CPU / 最低: PowerPC G4 1.0GHz
  • ハードディスク: 空き容量 1.2 GB 以上 / 7200回転以上を推奨
  • メモリ: 1GB / 推奨: 2GB
  • インストール時にDVD-ROMドライブが必要
  • 画面解像度: 1024 x 768以上

総評

パソコンないとなんもできない。

「MIDIコントローラ」であるEWI USB本体と、「PC/Mac用ソフトウェア音源」のセット品。

電源(5V 100mA)はUSBから供給するため、ワイヤレス化は難しい。

AKAIでは一応宅録ユーザを主なターゲットとしている模様。

コントローラ

EWI4000sに比べて小さい短い軽い。但しEWI4000sとの持ち替えを考え、持った際に違和感のないデザインになっている。

オクターブ操作するためのローラーは4つ付いてて、5オクターブの音域を持つ。
 ←マウスピース側  ケーブル側→
  1オクターブ目 → □□□■
  2オクターブ目 → □□■■
  3オクターブ目 → □■■□
  4オクターブ目 → ■■□□
  5オクターブ目 → ■□□□
ぶっちゃけ、凝ったことをしないなら十分すぎる音域である。
(凝ったこと→音源側でスプリット(ある音階部分で音色を切り分ける機能)させてローラー位置で音色を変えるとか、8オクターブを縦横無尽に飛び回るなど)

これまでのEWIと異なり、グライドプレートは搭載されていない。
(EWI USB本体の設定を変更すればベンドセンサーに機能を振り分けたりできるので、代替可能かも知れない。)

運指は、EWI(サックス準拠)、EVI(トランペット準拠)、サックス、フルート、オーボエに切り替えることが出来る。

音源

PCM音源という、実際にある音を録音し、録音した波形を元ネタとする方式の専用ソフトウェア音源の一種(ARIA)が付いてくる。
自前での波形生成はできない。

付属の波形は、数々のアナログ音源名機からのサンプリングやらAKAIのお家芸(サンプラーと言えばAKAI!)のサンプル波形やらがてんこ盛り。
よってシンセ音色からリアルな管楽器系、弦楽器、打楽器などバラエティに富んだ音が制御可能。
ベンドによる仕掛け(ベンド触った時だけギャンギャンさせるとか)も色々あって楽しい。

また、音色を4つ同時に重ねて鳴らせる(マルチティンバー)。

エフェクターも内蔵されているがEWI4000s同様“オマケ”程度に考えること。

MIDI

他のソフトウェア音源も使用可能(PCからは、MIDIインターフェイスに繋がったMIDI入力機器に見える)

パソコンにMIDIインターフェイスを繋げれば、EWI USBでMIDI音源を鳴らすことが出来る。
EWI USBでMIDI音源を鳴らす(Windows), EWI USBでMIDI音源を鳴らす(Mac)

逆にPC/Macに繋いだMIDIコントローラで、音源(ARIA)を鳴らすことも可能。
特にWXEWI(MIDI出力可能な組み合わせを使う)、ブレスコントローラと鍵盤、でARIAを鳴らすのは容易に可能である。

関連スレ

  • 2008-12-10発売なので、過去スレの「【EWI,WX】ウィンドシンセ★ブレスコントローラ 11」以後に情報あり。
  • DTM一般の質問は常識についてはDTM@2ch掲示板の「【DTM】悶絶★初心者質問スレッドVol.xx【3歳児】」を
  • DAW (Digital Audio Workstation)の操作(ARIAのようなVSTi/AU/RTAS対応音源をDAWから使うとか)は「【雑談】DAWソフト総合 PartX【質問】」を
  • 他に、DAWソフトウェアごとのスレや、音源、メーカーごとのスレが存在する。
    • 「GARRITAN ガーリタン 総合スレ」、「VSTi/DXi/AU/RTASソフトシンセスレ partX」、「最高のブラス音源」など。