ゲームの難易度について


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゲームの難易度について

 

対象ユーザーをどんな層に設定するかはともかくとして、基本的にダンジョンRPGは解けるように作らなければなりません。

特にシナリオに関係している部分は、プレイヤーが始めから最後までを楽しめるように作ることが前提です(と、少なくとも俺は思っています)。

 

あまりに難しくて解く事の出来ないRPGに出会ったことがあるかもしれませんが、それはただ、

対象ユーザーを「難しいゲームを好む層」に設定して作られたゲームだったからです。

例外があるとすれば「もともと解けないRPG(作りが悪いRPGを含む)だった場合」ですが、そのような例外には、

絶対にしてはいけません。

 

ダンジョンの仕掛けなども、この思想に沿って作らなければなりません。

特にダンジョンの難易度については、ゲーム制作では良く言われる言葉があります。

「プレイヤーが自分にしか解けなかったろうと思う難度がいちばんよい」という言葉です。

 

どういうことかと言えば、あるダンジョンの仕掛けをプレイヤーが解いたとき

「この仕掛けは他の人間には、なかなか解けないだろう。

プレイヤーの中で解けたのは自分ひとりくらいだろう」と思う程度の難度が、ちょうど良いとういことです。

 

まったく同じ考えで、「こんなに簡単に解けるのは自分くらいだろう」と思わせるために、わざと少しやさしく作ったりもします。

プレイヤーに達成感と優越感を同時に与える、そんな難度がよいということです。

 

Wizシリーズでは、システムとシナリオとグラフィックが協力し、

そんな絶妙な難度を表現しているダンジョンがいくつもあります。

 

個人的な意見ですみませんが、

ダンジョンの難易度についてはこのぐらいが丁度良いでしょう。

参考になれば、うれしく思います。