Dゲー&シナリオの構成について


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダンジョンゲーム&シナリオの構成について

 

ゲームシナリオを最後まで書けないのはなぜか?

 

シナリオを最後まで書き終えるというのは、実に難しい事です。

いざ書き出したはいいが、ラストシーンまで辿り着けなかった、なんて経験はありませんか?

本を読んだりゲームをしていて「この程度の文章だったら、自分でも書けちゃうよ」と

思ったりするのにもかかわらず、実際に自分で書き出してみるとうまくいかないものです。

まさしく、読むのと書くのとでは大違い。一行書くにも四苦八苦する経験は、俺も現在経験中です。

 

ゲームのシナリオあるいは本を最後まで書き終えるのはなぜ難しいのでしょうか?

ゲーム作成がなぜ挫折するのでしょうか? 理由は2つ考えられます。

 

ひとつは、作っている途中でやる気がうせてしまった場合です。

これはいかんともし難いことです。やる気がなくなるわけですから、再び作る気になるまでまつか、

スレの他の人に引き継いで作ってもらうしかありません。

 

もうひとつは、ゲームが途中で破綻をきたしてしまった場合です。

作っている内容があちこちに飛んでしまって、収拾がつかなくなってしまうような場合です。

こうなると、もうどう進めていけばよいのか、作ってる本人にすら分からなくなります。

 

文章やプログラムや素材が作れるだけでは、ゲームは作れない

 

では、どうして「ゲームが途中で破綻」してしまうのでしょう。

それは実のところ、素材を用意しただけでは、シナリオ(ゲーム)が作れないからです。

 

終わらないゲームを作り出すことは、誰にでもできます。

思いついたところを適当に作るだけですから簡単です。

 

猛スピードで魔物が走っていた。

その先に、大きな門が開いていた。

地獄の門を守る、ケルベロスの顎のように。

突如として開いたその空間に、なだれ込むように魔物は吸い込まれていった。

 

何も考えずに書いてみました。このあとどうなるのかは、俺にもまったくわかりません。

 

俺は小学生の頃、数学者になりたかったのですが、

自分で勉強した内容だけでは、テストで100点を取る事はできませんでした。

どうやら数学者になるという事は、算数ができるだけでは駄目なんじゃないだろうかと思ったりもしました。

(もっとも、なんで数学者になれないのかと悩む前に、そもそも計算力が上達しないので諦めましたが…)。

 

ゲームは、「素材をまとめる技術」だけではラストまで作ることはできません。

「素材」をまとめる=ゲームが完成する」というわけではないのです。

「よくできた、いい素材」があるからといって、「よくできた、良いゲーム」が完成するわけではないのです。

 

ゲーム・文章として目に見えるものの背後に、何か大きな目に見えない要素が横たわっているのです。

この大きな目に見えない要素、それが「構成」です。