注6


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

注6
 >水の精霊より与えられた知識を彼女らに与えることにしました。
 >それはちょうど、いまでいう乳房から白い液体となりあふれました
 なぜ水が知識なのだろうか、と思われた方に参考までに。
人間が体内から液体を出す場合の一つに、液体を「涙」というかたちで出す場合がある。これは知識(この場合は先も述べた通り「知恵」である)というものを体内から出す、つまり排除することで私は本当に感情から泣いているのですよ、という意思表示になるわけである。だからこそ女性の泣き顔は斯くも美しいのである。そこにあるのは無垢なる感情の、原初の、処女的な美しさである。しかし、先述の通り現代という知識万能主義の世の中においてはこの法則も姦計に弄ばれ、下卑た女どもにより男を誘惑する手段にまで成り下がってしまったのである(「涙は女の最大の武器」と小泉元首相も言っていたし、ヒラリー・クリントンも利用している戦法である)。ならば、涙の持つ真の美しさは現代においてどこにあるのだろうか。それは真に嬉しいことに(または残念なことに)二次元の世界にあるとしか言いようがない。
 また、人間が体内から液体を発する場合はそのほとんどが生理現象であり、理性でコントロールするのは難しいと言える。
 余談だが、動物も涙はだすし、人間の様に泣くことがある(この書き方には御幣があるかもしれない。つまり、人間のように悲しいことや痛いことがあれば涙を流す、ということであり、人間のように号泣するということではない)。