注9


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

注9
 >四大精霊はカオスにおいて混じりあっていた自分らの要素を、世界を造るにあたってそれぞれの形に分離しました。
 (注1)で解説したようにここでようやく、混ざり合っていた要素が、分離され、それぞれの形を持つわけである。カオス的な(ややこしい、ワケワカラン、イミフな、量子力学なんて嫌いだ的な)状態から秩序を持った世界へと変化したのである。重ね合わさって(見た目は)ゴッチャになっていた知識や感情、理性、悟性が分離してそれぞれの個性、特性となって、ここで初めて彼らは各々がそれぞれ火、水、空気、土の精霊であると認識するのである。無論、それは単一の存在ではなく複数存在する、としておく。
 また、いままで認識していなかったのかと問われると、それは自我と他我の境界とは何なのか、そもそもアイデンティファイする究極的な因子とは何なのか、というワケのワカラン問題へと発展していくので、ここではこういうことにしておいていただきたい。スマソ。