固有能力、魔眼、加護など


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


先天的に「複雑な魔術式を、ほとんど無意識のうちに構築できる」能力を持つ人は「加護持ち」「神子」「呪子」などと呼ばれることがある。
だが、基本的に「加護持ち」と呼ばれることがほとんど。
似たような能力として、目そのものが魔術式を内包している「魔眼」というものがある。

ほとんど無意識に魔術式を構築しているという能力の特性上、それを使いこなせていなかったり、感情に左右されたりすることも多い。

種族柄持っている固有能力一覧。
  • 獣化
文字通り、獣族の人が獣へと姿を変える能力。
獣族であれば誰でも使えるわけではない(ケモ度は関係ない)。
完全な獣になっても、人語を話すことに支障が出ることは無い。
特に代償は無い。

  • 竜化
ドラゴニュートが使える、竜へと姿を変える固有能力。
竜へと姿を変えることで戦闘能力は跳ね上がるが、代償として、やりすぎると戻れなくなってしまう。
完全な竜へと姿を変えると戻れなくなってしまうが、知性が失われることは無い。

  • 魔神化
グランワイト人が使える、邪神の力を引き出す強化状態。(変身ではない)
魔神化使用時は、体のパーツがごつくなり、体から邪神のものににた瘴気を発し、体に赤く発行する線が現れる。
代償として、理性が失われる。

魔眼一覧

  • 透視の魔眼
いわゆる『ものを透けさせて見る』ことができる魔眼。

  • 魔素から魔力を補給する体質。
エルフの持つ、周囲の魔素を体に取り入れて自身の魔力にする体質。

  • 遠視の魔眼/千里眼
魔眼の一種。
能力は名称通り『遠くまで見渡せる』というもの。
遠くまで見渡せる。というのは共通するが、見渡せる距離、ものを透過できるかなどは個人差がある。

  • 霊視の魔眼、魔力眼
文字通り、魔力や魔素を知覚する能力。
個人差があり、体内を流れる魔力、龍脈から放出される魔力、霊的生物を知覚するのに特化していたりと、能力の詳細は個人差がある。

  • 石化の魔眼
メデューサ(蛇の獣族)が先天的に保有する魔眼。
いわゆる、精神に干渉する魔眼。
目を合わせることで対象を金縛りのようにして動けなくすることが出来、出力を上げれば殺すことも可能。
発動時は目が赤く光る。