迷宮都市のお巡りさん 四話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ロウとラングと呼ばれた男は真っ直ぐに見合う。
 そんな光景を目にして、ノノは震えていた。

 誰だ、こいつは。 そんなことは分かりきっていて、世界で最も信用している人物だ。
 それすら見失うほど、ノノは狼藉していた。

「ロ、ウ……」

 怯えている人物の名を呼ぶ、矛盾。

 誰だ、誰だ、誰だ。
 と、ノノは目の前の男を見た。 ノノは知らない、激昂しているロウも、人を殴るロウも、自分が知らない男と知り合いであるロウも、何一つ彼のことを理解していない。

 そんなロウとノノに、嘲笑うように、柔らかく人当たりの良い笑みを浮かべたのは、ラングと呼ばれた男だった。

「今日きたのは、ノノちゃんにいい話が合ってだよ」

「いい、話……?」

 儲け話だろうかと、ノノは首を傾げる。 胡散臭げな笑みを浮かべるラングから一歩二歩と距離を置いて、父の遺した魔道具を作るための機材に、それを抱き締めるように身体を寄せた。

 ロウが怒るならば、どうせ碌でもない奴で、碌でもない話だ。
 そう決めつけて、早々に去ってもらい、いつものロウに戻ってもらうために、ラングを睨みつけ……その言葉を聞いて、顔を呆然とさせた。

「ノノちゃんのお母さんが、君と暮らしたいってさ」

 ノノは、父の遺産から手を離して、フラりと身体を揺らめかせた。
 何を言っているのかが理解出来ず、ただ何も考えずにラングの顔を見つめて、呟くようにラングの言った言葉を口の中に転がした。

「お母さんが……僕と……?」

 ほんの少しだけ、覚えている。 頭を撫でてもらい、抱き締めてもらった。
 いつの間にかいなくなっていて、父親と二人暮らしをしていた。 ノノが母親のことで知っているのはその程度だけで、それ以上は何も知らない。
 顔も、声も、性格も、何一つ覚えてはいない。

「お母さん、お母さん……」

 だが、それでもノノは母親のことを、どうでもいいと斬り捨てることが出来ずに、噛み砕くように繰り返してから、ラングの顔を見た。

「うん。 会いたいでしょ?」

 ノノは思わずロウの方に目を向けた。 ロウは、何も言わない。 何も言うことなく……ラングを睨み付けていた。

「……まぁ、突然言っても困るよね。
また明日にでも来るよ。 邪魔もいるしね」

 そう言ってから、ラングは出て行った。

「お母さん……」

 戸が閉じられた音を聞いて、ノノは気が抜けたように座り込んだ。
 母親に、ふわりと抱かれた感覚。 それは、今着ているような作業着を母親は着ていなかった証拠だろう。

「ロウ……僕は」

 どうしたらいい? と尋ねる前に、ロウは口を開いた。

「行くな。 絶対にだ」

 ロウのその言葉に、ノノは安心感を抱いたのと共に、強い苛立ちを覚えた。

「なんで、だ。 ロウには関係ないだろ」

「ノノ……どうした」

 どうせ一緒にはいてくれない癖に。 どうせ一緒にはなってくれない癖に。
 そんな言葉が頭に浮かんで、それを掻き消すように怒鳴る。

「うるさい、うるさい、うるさい!
あれは誰だよ! お母さんはどんな人で! 僕は、僕はなんでこんなところに一人なんだ!」

 ロウを攻め立てるような言葉を言うつもりはなかったが、感情のままに口から出たのはそんな怒りの言葉だった。
 親がいなくて、寂しくないわけがなかった。

 ロウはやっとそのことに気がついて、自分は何をしていたのだと……。 ノノから目を逸らした。

 その目の動きに、少女は小さく泣いた。
 涙を流したわけでも、顔をくしゃくしゃに歪めたわけでもなく、一言「えっ……」と呟いた。

「お母さんは、どんな人。 ロウは知ってるんだろ!」

 ロウは答えることが出来ずに、押し黙った。

「教えてよ! 何も知らずに、決めれるわけがないだろ……」

「悪い。 ノノには、教えられない。 だが、行くな」

 そう伝えられても、ノノは納得するわけもなく……器具を片付け始める。 いつものように乱雑に仕舞うのではなく、丁寧に。

「ノノ……」

 仕方ないか、とロウは頭を掻いて、ノノの近くに寄って、座った。

「俺はあまり、口が上手くない。 だから、お前に気を使ったような言い方は出来ない」

「……ああ、アホだもんな」

「アホじゃねえよ」

 ロウは懐に手を突っ込み、その中にある物を取り出した。
 一つの魔道具。 身につけやすいように紐が通してある。

「僕のじゃ、ないな」

 だけど、それはノノの物と同じ製法で作られていた。 散々作ってきたノノならば、見たら分かる。

「ああ、お前の親父の作品だ。
これに込められた魔術式は、攻撃の魔術式だ」

 そのことが示す意味。 地獄の父親に信用されていたことに他ならない。

「ノノ、お前のお袋は……クズだ」

 少女は何も言い返すことなく頷いた。
 そのまま男が語る言葉を聞き続ける。

 父と母のなり初め、その生活、その中でノノが産まれたこと……母親が、魔道具を盗んで逃げたこと。

「あいつは、魔道具を手に入れるために……。
お前の父と結婚して、お前を産んで……やっと見せた隙を突いて、盗んでいった」

 十年近い計画。 自らの子供まで産んで、育てて、愛していると囁いて、やっと一瞬の隙が生まれた。

「……そうか。 僕のお母さんは…………」

「悪い。 上手く説明出来なくて。
お前のお袋は、お前が親父と同じ魔道具を作れることを知って、利用するために連れて行こうとしているんだろう」

 ノノは首を横に振って、小さく言った。

「少し、考える。 一人にしてくれ」

「ああ」

 ロウはノノの言葉に頷いて、外に出た。
 随分と長い間、昔を語っていたせいか、夜はもう深い。 寂しげな風がロウの頬を撫でて、湿気た空気が唇に付いた。

 ノノは大丈夫だろう。 ロウにはその確信があった。

 子供だけれど、しっかりと善悪も、自分の力も理解出来ている。 着いていくことはあり得ないだろう。
 幼い少女には酷だったが。

 いつものように、夜の迷宮都市を練り歩く。

「うわぁああああ!! 殺人だ!!」

 いつものように、そんな叫びを聞いて、迷宮都市のお巡りさん。 ロウは駆けた。


◆◆◆◆◆

「まさか、あの事件があんな結末を迎えるとはな……」

 いつものように事件は解決した。 今日は直接金銭が沢山もらえたので、土産としてノノが好きなクッキーを買って、そのままの足でノノの元に戻る。
 事件が忙しかったせいで、こんな時なのに寂しい思いをさせてしまったかもしれない、と申し訳なく思いながらも、クッキーで許してもらえるだろうとタカを括って、ロウは戻った。

 工房の扉を開ける。 鍵を締めていないとは、不用心だな、とロウは顔を歪ませながら入った。

「……は?」

 誰もいない。 それは当然だ。 子供が起きているような時間ではないのだから。
 だが、何もない。 器具も機材も材料も、雑多に置かれていた工具も、設計するための紙とペンとインクも、完成した魔道具も、大切に飾っていた父親の作品も、女の子らしい……人形や小物も、そこからなくなっていた。

 代わりに置かれている、箱が二つと手紙。
 ロウはその手紙を見た。

『親愛なるロウへ。
僕はお母さんの元に向かいます。
出来ることならば、あの方にその指輪を渡してください。 注文とは違うことになるので、お代はいただきません。
その家は自由に使ってもらって構いません。
またお会いしましょう。』

 その手紙を握り潰して、ロウは吠えた、

「ノノ!!」

 そのまま外に駆け出る。 全身に付けている魔道具が、ガシャガシャと不快な金属音を鳴らし、そのままロウは走った。
 ガムシャラに走り回っても、少女が見つかるわけもない。

 夜の街を駆け抜けるのはいつものことだが、今は焦燥が彼の表情には浮かんでいた。

「何故だ! 何故、ノノ! なんでだ!!」

 男は叫んだが、迷宮都市の空虚な空間に広がり、溶けるように消えていく。 返事はない。
 男の隣に、娘のように思っていた少女はいなかった。

 ゆっくり、男の身体が揺れて、崩れ落ちた。
 何が悪かったのか。 それほどに母が恋しかったのか。


◆◆◆◆◆


 揺れる馬車、ニコニコと笑みを浮かべる男と、ムッ、と顔を顰めさせた少女。

「お母さん、君と再会出来るのを楽しみにしてるよ」

「嘘はいらない」

「嘘じゃないって、そう言っていたよ」

 ノノはラングの言葉を否定するようにため息を吐き出した。
 一応『義父』になるらしいこの男も、勿論、親父から大切な魔道具を奪った母親のことも、信用も親愛も抱いていなかった。

 手慰みに、出来合いのアクセサリーに魔術式を彫っていく。
 ロウと、この目の前の男と母親、どちらが信頼に値するかは、考えるまでもなかった。

 幾つもの普通の魔道具を量産してから、それを箱に仕舞う。

「着いたぞ」

「分かっている」

 ノノが馬車から出ると、共に柔らかい何かに包まれた。

「会いたかったよ。 ノロ」

「ノノだよ」

 ノノは無理矢理女性を引き離してから、ため息を吐き出す。
 下手に自分のことを想っているフリをされるより、これぐらい分かりやすい方がやりやすい。

「お母さんだよ。 寂しかったよね。 ごめんねノノ」

「えっ、お、おう」

 ノノはそのまま「お母さん」に連れて行かれて、綺麗な屋敷に連れ込まれ、その一室で作業着を脱がされて、豪華なドレスを着させられる。
 キラキラ、綺麗で、流れるように見える布。

「綺麗……」

 そう女の子らしく呟いてしまったのも仕方のないことだろう。 何せノノは物心ついてから、綺麗な服など数えるほども着ていないのだ。

 ノノは作業着ばかり着ているが、決して、女を捨てて、技師の道を突き進んでいるわけではない。
 好きな異性もいれば、可愛い小物も好んでいる。 キラキラする照明に、キラキラを反射するような服。
 まるで自分が姫か何かのような錯覚を覚えて、いつもの顰め面が柔らかい笑みに変わる。

「えへへ」

 そう笑って、笑った照れ臭さで頬を掻いた。

「気に入ってくれた?」

 ここも悪くない場所かもしれない。 尤も、隣にいるのがこの女性ではなくて、ロウであったとしたらだが。

「まぁ、そこそこな」

 絆されないように、技師としてあの工房にいた自分を支える物として、首にかけた、二年の歳月をかけて出来た最高傑作の魔道具を撫でる。

 やるべきことは、やらないと。

「それでさ。 ノノも、まだ工房とかで働きたいよね? そのための場所を作っておいたから、自由にしていいよ?」

「おう」

 やはり、自分は道具か。 そう納得してから、ノノは作業着を着直して、その場所に向かって、暇潰しに簡単な魔道具を作り始めた。
 しばらくの間、母親や義父に構われていたが、一週間も経てば飽きたのか、構われることが少なくなり、自分の好きなことが出来るようになっていった。

「……面白いこと思いついた」

 少女は工具を手に持って、部屋の片隅に紋様を掘り出した。