よーすけのノート的存在。

日清・日露戦争

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日清・日露戦争


今まで必死に、岩倉使節団を海外に送ってみたり、鹿鳴館を作って日本進んでるのよー。と無駄なアピールをしてみたりして、条約改正に喘いでた日本。 ノルマントン号事件を契機に不平等条約の解消が始まっていくのです。

条約改正


領事裁判権の撤廃(1894)

イギリスとの条約で領事裁判権を撤廃。ノルマントン号事件が契機になったと思われる。

関税自主権の回復(1911)

アメリカとの間で関税自主権を回復。

そして日本は列強へと突き進んで行く

日清戦争(1894~95)

朝鮮をめぐり、清と対立した日本は、 甲午農民戦争 が起きたのを良い機会だと思い清に攻めた。この争いに日本は 勝利
下関条約を結び、
  • 朝鮮の独立を認諾。
  • 遼東半島・台湾・澎湖諸島を日本に譲渡。
  • 賠償金三億円の支払い。
を、行わせる。
しかし、ロシア・ドイツ・フランスの三国干渉により、遼東半島は清に返還。

日露戦争(1904)

※日英同盟・・・ロシアに対抗するためイギリスと締結。

日露戦争:韓国・満州をめぐりロシアと対立、開戦。

アメリカの仲介で
ポーツマス条約
  • 韓国での日本の優越権の承認。
  • 旅順・大連の租借権の承認
  • 南満州鉄道の鉄道利権を譲渡
  • 北緯50度以南の樺太(樺太の南半分)を日本に譲渡
の内容で結ぶ。

韓国を植民地化

ポーツマス条約で韓国での優越権を認められた日本は、韓国併合(1910)。
日本人として教育するため、韓国人を日本語で教育したり、強制労働を行わせたりした。

ちなみにこのころ中国では、三民主義を謳う孫文を中心とし、辛亥革命(1912)が起こる。諸外国の帝国主義の流れや、日清戦争による敗北により国内の政治が混乱したが故だろう。

日本における産業革命

日清戦争のころ軽工業、賠償金による資金を得、また戦争のために日露戦争の頃には重工業が発達。鉄鋼の時給のため八幡製鉄所設立。

三井・三菱などの大資本家は、財閥形成。

社会運動

公害問題の発生
産業革命により、公害問題も発生してくる。
有名なのは、足尾銅山鉱毒事件ですな。田中正造が主となり、足尾鉱山閉山を求めた高いました。
そして労働争議の発生。社会主義社を弾圧する大逆事件なんつーのもおきました。

そーいえば、このころ(1907)義務教育が6年になります。大衆文化も発達。

 

【社会ー歴史】

【中世】
中世社会の展開

【明治〜現在】
近代日本の歩み

二度の世界大戦と日本

現代の日本と世界

【社会ー公民】

人間の尊重と日本国憲法

【数学ー基礎】