よーすけのノート的存在。

第二次世界大戦

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第二次世界大戦

世界恐慌と各国の動き


世界恐慌(1929)
アメリカのウォール街で株価が暴落。世界経済が混乱しますた。(俗に暗黙の木曜日と言われる。)ちなみにソ連は当時行っていた五カ年計画(計画経済)により影響無し。

恐慌対策として各国は、
  • アメリカ/ニューディール政策→公共事業を起こし、[株価の暴落→会社の経営難→失業率の増加→消費の停滞]という悪循環における失業率の増加に歯止めをかけた。また、農作物を政府で買い上げるなどした。

  • イギリス・フランス/ブロック政策→本国と植民地の関係を密接化、というか植民地とだけ貿易することで、安く仕入れられる。んま、外国商品は輸入しなかったと。

日本の動き

恐慌による不景気や政党政治への不満から、軍部が台頭してくる。

満州事変(1931)
柳条湖事件(んま、南満州鉄道を中国軍が爆破した、という関東軍のジサクジエーン)によって、満州を攻めまくる。そして日本は満州を占領する(1932)。そして、満州国を建国。
満州国建国に対し、国際連盟はリットン調査団を満州に送り、満州国建国は国際法に違反していると判断、撤退を勧告。
勧告に対し日本は、国際連盟を脱退という結論を出した。

軍国主義
  • 五・一五事件・・・海軍将校らが犬養毅首相を暗殺。政党政治が終わる。
  • 二・二六事件・・・陸軍将校らが首相官邸、大臣を襲う。
んま、よーするに軍部の台頭。と。

日中戦争開戦(1937)
盧溝橋事件(日本軍に対する発砲事件)によってついに、日中戦争が開戦。
戦争に力を注ぐため、国家総動員法の制定と、大政翼賛会(国民の統制や強大な政治体制を目的とし、当時の既成政党は解体されここに合流した。)を成立させる。

第二次世界大戦と日本

第二次世界大戦(1939)
ドイツがポーランドへ進行、イギリス・フランスがドイツに参戦。

太平洋戦争(1941)
1940年、日独伊三国同盟を結ぶ。
そして、1941年、アメリカのハワイ真珠湾(パールハーバー)を攻撃(宣戦布告とタイミングがずれたので、奇襲と批判された)。アメリカ・イギリスに宣戦しますた。

大戦終結(1945)
イタリア・ドイツが降伏し、ポツダム宣言受け入れを求められたが拒否したため、広島・長崎に原子爆弾が投下。そして、ソ連も対日参戦する始末になってしもたので、ポスダム宣言を受諾、対戦が終結した。

 

【社会ー歴史】

【中世】
中世社会の展開

【明治〜現在】
近代日本の歩み

二度の世界大戦と日本

現代の日本と世界

【社会ー公民】

人間の尊重と日本国憲法

【数学ー基礎】