tabooinmedia2ch@Wiki 三億円事件の犯人は警察官の身内らしい件


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

未解決のまま時効が成立し、迷宮入りとなった三億円事件の真犯人は、当時現職の警察官の不良息子だったのではないかとされる話題。
その警察官は白バイ警官であること、その息子は暴行・強盗の前科があること、事件以前にも発煙筒をダイナマイトと偽って強盗に及んだ前科があることから、重要な捜査対象として浮上したものの警察の身内を庇う悪癖の為か、あまり踏み込んだ捜査は行われず、最終的には警官の息子の服毒自殺により、捜査対象から外れてしまった。
警察内部でも警官である親が殺したのではないかと囁かれるほど不自然な自殺であったらしいが、この件は大した報道もされることもなく、密やかに忘れ去れていった。

ちなみに、マスコミ的なタブーとしては、当時犯人では無いかと疑われた人物(上述の警官の息子ではない。アリバイが確認されていることから犯人ではなかった)の顔写真が新聞の一面に掲載されたことで、全くの無実の一般人が周囲から好奇と疑いの目で見られ、就職も侭ならず人生を大きく狂わされたというものがある。
この件で大手新聞社はこの人物に対して賠償も行っている。
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|