tabooinmedia2ch@Wiki ジャニーズ社長ホモセクハラ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川が少年愛嗜好の持ち主であるというのは、有名な事柄である。
彼がジャニーズJrの子供たちにセクハラ行為を行っているという話は、1970年代からしばしば週刊誌等によって報道されている。北公次著『光GENJIへ』(1988年)や、木山将吾著「SMAPへ―そして、すべてのジャニーズタレントへ」(2005年)など、様々な告発本も出版されている。

1999年には週刊文春がこの問題に関する特集記事を掲載。ジャニー喜多川によるJrへのセクハラ・児童虐待、および未成年Jrの喫煙をスクープした。ジャニーズ事務所はこれに対し、週刊文春の記事を名誉毀損だとして、1億円の損害賠償を求める民事訴訟を起こした。
2002年3月27日に一審判決が出され、ここではジャニーズ側が勝訴した。東京地裁は800万円の損害賠償を週刊文春に命じるが、文春側は判決を不服として控訴。

2003年7月15日に二審判決が出されるが、賠償額は120万円に減額された。これは喫煙報道に関する部分のみの賠償額であり、ジャニー喜多川のセクハラは事実だと認定され、この部分の訴えは退けられた。
当然ジャニーズ側は最高裁に上告をしたが、2004年2月24日に棄却。こうして、120万円の週刊文春への損害賠償命令が確定したとともに、ジャニー喜多川のセクハラの事実は、裁判所によってお墨付きとなったのである。


この判決は海外のメディアで大きく扱われたが、日本では一部の週刊誌をのぞき、ほとんど報道はされていない。


参考:
北公次による告発本

北公次の呼びかけにより誕生した新・光GENJI(新・光GENJI・影)による告発本


平本淳也による告発本

木山将吾による告発本
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|