メモ帖 PK-113

メニュー









※このページは作成者の個人的メモです。
※このページは本文中に登場する各種団体の公式なページでは有りません。ゆえに各種団体へ本ページ群の内容に対してクレーム頂いても対応頂けません。
※その他注意書きが表紙にあります。

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

いわゆる“自炊”つまり自分の手で電子本を作るべく本をスキャナーで吸い込ませる、のときにつかう、カッター。

プラス PK-113「コンパクト裁断機」

PPC(コピー用紙)60枚が切れると仕様にうたっている。

60枚というのは微妙に足らなくて、普通の本のノリ部分を切り落とすには、2枚以上にカッターナイフでおろす必要がある。文庫本も一発で切り落とせず、真ん中でノリを切っておかないといけない。
よくある自動車やPCのカタログくらいなら一発で余裕なんだけど。

でもまぁ、これがないと、カッティングマットの上で定規片手にカッターを何度も走らせないといけないので、
使えば大幅に作業が楽(高速)になる。


まだ使ったことないが、たくさん切って切れ味が悪くなったら、下記のオプション品でメンテするみたいだ。

刃が当たる下の部分:

替え刃セット: