メモ帖 PC-9801N

メニュー









※このページは作成者の個人的メモです。
※このページは本文中に登場する各種団体の公式なページでは有りません。ゆえに各種団体へ本ページ群の内容に対してクレーム頂いても対応頂けません。
※その他注意書きが表紙にあります。

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

墓の横の大學1年目、まともな日本語入力がしたくなり購入。
パケット通信・パソコン通信はすでにやっていたので。
ICMの外付けHDD(SASI。40MBじゃなかったかなぁ)を後日追加した。

98ノートといえばRAMディスクだ。

2ドライブでAドライブがDOS+ワープロ、Bドライブがデータディスク、という時代だった。
これをなんとか1ドライブで動かすために、不揮発RAMディスクがかなり低レベルでサポートされていて、メニューによって丸々のコピーが簡単に出来た。
そしてAドライブのディスクをRAMに置いちゃうと後が凄い。
フロッピーに対するRAMディスクなので、ブート・ワープロ起動・変換が劇速だったのだ。

とはいっても、データや実行プログラムを置くエリアに物足らなくなって、結局はハードディスクを買ったのだけどね。
ディスクは学校の同級生がバイトしていた、第一アメ横2F奥の丸善無線電機で購入したとおもう。