メモ帖 HP 200LX

メニュー









※このページは作成者の個人的メモです。
※このページは本文中に登場する各種団体の公式なページでは有りません。ゆえに各種団体へ本ページ群の内容に対してクレーム頂いても対応頂けません。
※その他注意書きが表紙にあります。

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

多分、プログラム電卓の最後の末裔なのだろう。
Lotus 1-2-3やPocket Quickenというアプリケーションが乗った「電卓」、というのが「正しい」認識だと思う。

前身の100LXをターゲットに、DOSが使える、日本語化しちまおう、なんてNIFTYのモバイル関連のフォーラムで盛り上がっていたようで、そこを覗いていたら、200LXってのが出るぞ、というので、大枚はたいて購入した。

最初からスケジューラとかもついているのだけど、結局DOSが入っているからというので、Vzエディタを開きっぱなしにして使っていた。

シリアルでモデムを繋いでモバイルの真似事をしてみたけど、手持ちのモデムがでかくて実用はしてなかった。インターネットブームで、POPでメールをやり取りしたくなったときに、DOSからうまく扱えるメーラーとかを見つけられず、メイン機として使い切るのを断念した。

Vzでメモ帳代りにはしばらく使っていたのだけど、sigmarionとWzエディタを入手したものだから、完全に退役。

だいぶ楽しませてもらった一台だった。

  • 年代:1994