※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アルミホイール修理 !カールリムに深い傷がぁ!!早速修理してみる

カールリムには、車種によっていろいろな形状があり、一枚モノの鋳造や鍛造で出来ているもののほか、合金プレスしたリムが内側へ巻かれてパイプ状に2重にすることで強度を出しているカールリムなどもあります。モノチューブリムやWリムと呼ばれるもので、こういった形状のリムが歪んだり凹んだりした場合のアルミホイール修理では、素人の修正は難しいです。
しかし、強度に問題がない程度の傷がついた場合は、修正することもできます。
まず傷付近の汚れを綺麗に落とし、専用パテを塗り込みます。へら付け性に優れているものを選ぶと扱いやすいでしょう。
パテの説明通りに硬化まですんだら、塗装で仕上げます。
ブレーキなど、塗料がついては困る部分はマスキングテープを貼り、テープの不要部分はカッターで切り取ります。それから、専用のサフェーサーを吹き、塗装して完成です。