yomi-searchのSEO対策


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2008年05月27日 更新

現在運営中のディレクトリ型検索エンジンCGI
yomi-searchの基本的な検索エンジン対策についてです。

トップページとカテゴリはhtml化する

まあこれは基本ですね。CGIページ対応のアクセスランキングも当然廃止します。
  • 設定は[環境設定]のNo.7~8を「HTMLで表示する」にします。
そして、[HTMLログファイル更新処理]から「すべてのカテゴリ」にチェックを入れ、
[更新を実行する]をクリックして各ページのhtmlファイルを作成します。

カテゴリページを登録日の古い順に表示する

理由:マーク順とか新着順にするとページ内のリンクが流動的で固定化されないため
バックリンクにならない。一時的にカウントされても消えてしまう。
(1ページ目にあるから重要視されると言うわけじゃなく、
大切なのはそのページからどれくらいの間、リンクされてるかです。)
  • 設定は[環境設定]のNo.33「標準のログ表示順」を「登録日の古い順」にします。

カテゴリ深層(2ページ目以降)にもトップページからリンクする

インデックスされないこともあるので、すべてのページにトップリンクを貼りましょう。

管理者に通知・修正削除にはrel=nofollowをつけるか、リンクを外す

ページ内の無駄なリンクが増え、各外部ページへのリンクの重要性がなくなります。
設定はtemplateフォルダのkt.htmlの296~297行目(ver4.22)

296 <a rel=nofollow href="$EST{cgi_path_url}regist_ys.cgi?mode=enter&id=$Slog[0]" target="">修正・削除</a>
297 <a rel=nofollow href="$EST{cgi_path_url}regist_ys.cgi?mode=no_link&id=$Slog[0]&pre=on&title=$Slog[1]">管理者に通知</a>

ついでに重要でないページは片っ端からAタグにrel=nofollowをつけ足してしまいます。

カテゴリ名の末尾にキーワードを含める

カテゴリ01_01が「ホームページ作成」ならhomepage_creationなどのキーワードを後ろにつけ足します。これだとページ名は01_01homepage_creation.html になります。これで英単語ワードにも対応し、検索エンジンから各ページが参照された時、一見したところyomi系サイトだと分かりにくくさせることができます(笑)。カテゴリ番号の前にキーワードを足すとカテゴリの表示順がバラバラになってしまうので注意してください。