任天堂携帯機レビュー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ドライアイ持ちですがゲームもやりたい派です。なので最近のギラギラのバックライト液晶は苦手です。
PSP購入も検討中ですが、これ以上目が悪くなるのも困るので躊躇しております。

ニンテンドーDS

DSliteでもなくDSiでもない初期型のDSです。liteもいじってみましたがギラギラ画面がまぶしいのと、ボタンがカチッ、という感じでなんとも押し心地が悪い!しかもスピーカーの質も下がってるじゃないですか。さすがに外に持ち歩く気にはならないですが、今も手放せません。未改造では明度調節ができず、画面が暗いという声がちらほら見受けられますが、個人的にはそんなに気にならないです。


SQUARE ENIXメンバーズポイント入手したDSカバー+カードケース(BLACK)を装着。
旧DSのブラックの本体に無骨さが増した感じが気に入ってます。

ゲームボーイアドバンスSP

実際遊ぶときの使い心地や持ち運びの手軽さ、頑丈さなどが高評価のハード。古くても結構面白いものが多いゲームボーイソフトも問題なく遊べるのも長所。このハードはなんと言っても目が疲れにくく、夜の蛍光灯の明かりではバックライトを切って遊べるのが長所です。今となっては暗すぎるという意見が大半ですが、個人的にはちょうどいい感じのハードだと思います。


アズライトブルーの本体にロックマンエグゼのプロテクトアーマーを装着。
本当は無地のほうがいいんですが、GBASPのカバー類はもう入手が難しいので妥協しました。
それでもブルーの本体とのマッチ具合と、端子を保護するカバーつきなのでおおむね満足。

ゲームボーイミクロ

ゲームボーイミクロの特長なんと言ってもこのサイズです。
画質は携帯機としてはトップクラスですが、いかんせん小さいので、実用としてというよりはディスプレイやコレクション用に購入する人も多いようです。小さい物好きにはたまらない一品。うちではもっぱらPLAY-YANの動画な音楽の再生用として活躍してます。不覚にも一度洗濯機で洗ってしまったんですが、液晶の内側とフェイスプレートに保護フィルムを貼っていたので、角がキズついただけで済みました。


ブラックのボディと出っぱりのあるPLAY-YANの黒がマッチしています。
表面のキズ防止のためのスクリーンガードミクロを装着済です。
実は、さらに眩しさ防止のためにフェイスプレートを外してPC用の非光沢フィルタを貼ってます。

ニンテンドーDS lite

家族用に買ったものを触ってみたものの、目が痛い!!色が鮮やかになったのはいいものの、明度最小でも明るすぎます。
GBAのソフトが出っぱることや、カチッというボタンの押し心地も気に入らないところ。どうやらDSiでもこのボタンはあまり変わっていないようなので、しばらくの間は旧DSを使い続けることになりそうです。
添付ファイル