低反発メッシュチェア・TJ-726A-S


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2009年02月19日 更新

サンワサプライの低反発メッシュチェア・SNC-NET4BKNの改良版であるTJ-726A-Sのレビューです。

この椅子の最大長所は、典型的な日本人の体型に合わず座面が高いチェアが多いなか、このチェアは41.5cmまで(SNC-NET4BKNは46cm)低くできるように改良されているというところだと思います。また、メッシュ地の背もたれが結構長いので、疲れたときに頭を寝かせることができ、疲れにくいのもいいです。
多少の細かい不満はありますが、この価格(送料込で一万ちょっと)でこれだけの機能を有しているチェアはほかにあまりないと思うので、おおむね満足です。

長所
  • 最低座面が低い
  • 背もたれが長いのでラク(約70cm)
  • 肘掛の着脱自由
  • 座ったままで座面高さの調節可能

短所
  • ランバーサポート固すぎ。背骨が当たって痛い
  • リクライニングが固くて調節にコツがいるところ
  • 肘掛の上下左右調節がグラついて不安定

長所と短所をざっと列記してみましたが、短所については工夫すればそんなに気にならないです。
あえて挙げるならということで。

肘掛は装着していません。
背もたれは数センチほど前後に移動できるようになっています。
ランバーサポートが当たって痛いので、そのすき間にクッションを挟んでいます。

背面のランバーサポート。
固くてサポートになってないような気が…(笑)。

右のレバーが座面の高低を調節するレバー。
左のがリクライニングのロッキング固定レバー。
ちなみに座面に乗っているのはダンロップU座エアークッションです。

座面の上げ下げ方法

座ったままで平べったいレバーを上にあげることで座面の高さを変えることができます。
座面を下げるときは体重を下に置き、逆に上げるときは少し体をうかせることで調節できます。すでに使ってる人には説明不要だと思いますが。

リクライニング調節(ロッキング固定)方法

これは多少コツがいります。最初は正直手こずると思いますが、慣れると簡単です。
方法は体重を後ろにかけて、ちょうど良い場所で素早く丸いレバーを内側に押します。すると「カチッ」という音がして、背もたれを固定できます。説明書には3段階の調節が可能とありますが、3段階目の調節は掛ける体重とレバーを押すスピードに素早さを要求されるため、少々難易度が高くなっています(笑)。まあこれも慣れると簡単ですが。
ちなみに戻すときはレバーを外側に引き、そして体重を少し後ろにかけると「カチッ」という音がすると背もたれが元通りになります。

このように、TJ-726A-Sは安い値段でそこそこの座り心地を得たい人には
高機能でいい椅子なのではないかと思います。