※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

八ノ国 アンスリューム国



王政をしく大国。三国連盟の主要国家で、属国も所持している。
魔法を主体として扱い、御三家と呼ばれる召喚士の家系が王族に付き従っている。


人物はこちらから。




概要
三国連盟が一つにして最も力のある国と言われている。属国ギプソフィアを加えると島国のストレリチアの国土面積を上回る。地形環境の悪さや天災が目立つがそれを力に変えることが出来る魔法を扱う。大大陸の西の端から世界征服さえ狙っているらしい、好戦的な国家。

首都
国営 :王政。王とその親族による支配と、直属家臣による力での制圧。
面積
 大陸の最西端にある大国。15の州に分かれていて、それぞれ貴族階級が治めている。属国には王と御三家が派遣され、一つの領として扱われている。かなり悪い地形条件。東端の山脈や大部分を占める砂漠と砂丘。海派荒れ、雷も多く天候に恵まれない土地。其の中に街を少しずつ構えている。

  • 王国主領
  王都がある国の中心地。
  • 王国分家領1
  • 王国分家領2
  • アンスリューム領
  国の中心に程近く、一部を王都に隣接させている。
  • アンスリューム分家領
  • スパティフィラム領
  • アグラオネマ領

属国

  • ギプソフィア
人口
悪天候等によって自然の力を使う魔法が存在する。自然物を自在に異空間から出し入れ出来るのが召喚士。過去に環境に一度も行ったことがない、触れたことがないと使うことは出来ない。
例としては、砂漠の力から乾きの力を持つルチェルトラ、海の力から潤いの力を持つアクエリス。太陽の力から陽射しの力を持つママン。

交易

建国
人物

御三家について

  • アンスリューム家
  • スパティフィラム家
  • アグラオネマ家



強国であるための思想


「自国の美しさと楽園足り得る完璧なまでの平和を見た後で他国に行っても故郷を恋しく思ってるし帰ってくるでしょう? 自国を更に愛するならこの国を守りたいと思うでしょう?」とかいう腹黒い思想が見えてる