The Cook, the Beast, the Vice and its Lover

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




"The Cook, the Beast, the Vice and its Lover"

「料理、獣、悪徳とその愛好者」

A disgusting and twisted restaurant in the Tokyo entertainment district of Roppongi is enticing warped rich folk with the opportunity to figuratively have their cake and eat it, too — with animals, according to Jitsuwa Knuckles (9/25).
Roppongi’s bestiality restaurant is being regarded by its main nouveau riche patronage of young company presidents and venture capitalists as a decadent practice only possible among the wealthy.
『実話ナックルズ』(9月25日号)によると、東京の盛り場・六本木である忌まわしいレストランが、一度で二度おいしいあるお楽しみの機会を -- 動物によって -- 提供し、リッチで倒錯した顧客を惹きつけている。
六本木の「獣レストラン」は、主な顧客層である青年実業家たちやベンチャー投資家といった成金族から、金持ち専用のデカダンな趣味と受けとめられている。

“Apparently, the restaurant started off quietly in the basement of a building that a real estate agent in Roppongi who couldn’t find any other tenants,” an S&M club worker identified only as M tells Jitsuwa Knuckles.
“News about the restaurant spread through word of mouth and it became popular.”
M says she visited the members-only restaurant about half a year ago after being invited there by one of her regulars, a well-heeled lawyer.
「そのレストランは最初、不動産屋がだれも他に借り手を見つけられなかったビルの地下でひっそり開店した。
ニュースは噂で広がり、いまや人気スポットになっているわ」と、
「M」とだけしか名のわからない六本木のあるSMクラブの従業員が実話ナックルズに話してくれた。

At first glance, the first floor restaurant appears fairly nondescript.
When a customer goes in, they give their name to a receptionist.
When they are approved, they pass through a wooden door to be greeted by another door, this one made of metal.
Passing a membership card over a scanner outside the door will automatically open it.
Inside is an eatery that resembles just about any other Italian restaurant.
Membership in the restaurant is open only to those with an annual salary of at least 20 million yen, and a minimum cash flow of 100 million yen.
最初にそこに行ったのは半年前、彼女の常連客の売れっ子弁護士に招待されたのだという。
一見したところ、レストランの1階は別に変わったところはないように見えた。
客は入るとまず受付に名前を申告する。承認がすむと彼等は木のドアを通り別の扉に向かうが、これは金属製である。
メンバーズカードをスキャンさせるとこのドアが自動で開く。
中は他のイタリアンレストランと特に変わらないレストランである。
このレストランの会員資格は最低2000万円の年収と1億円の現金資産があるものにだけ与えられる。

“After we got into the main restaurant, an employee escorted us down to the basement,” M says.
“The walls were pitch black and the floor covered in a blood red carpet, so I guess the place must be a refurbished S&M club.
”Once the customer feels prepared, they will be presented with beast of their choice.
In the lawyer’s case, it was a sow.
“I’d been told what to expect, but when I actually saw what was happening, it was as shocking as you’d imagine it to be,” M tells Jitsuwa Knuckles.
“Later, the lawyer told me the appeal of the place just came about because when people have got money and done everything else, they turn toward bestiality.”
「私たちがレストランに入った後、従業員は私たちを地下まで案内した」とMは言う。
「壁が真っ黒で絨毯は血のような赤だったので、ここは改装したSMクラブだろうと思った」
客は腰をおちつけると、まず好みの動物をオーダーするのである。
この弁護士の場合、それはメス豚だった。
「何が起きるか前もって聞いてはいたけど、実際に目にすると衝撃的だった」、Mが語る。
「後でその弁護士は、遊び尽くした金持ちはしまいに獣姦趣味に走る、だからここが流行ってると言ってた」

Once the lawyer had finished porking the pig, the couple returned to the first floor and sat at a table to dine.
M says she was totally shocked when staff members carried in roast pork — made of the same sow the lawyer had earlier been with.
“I was about to vomit,” M says.
“It was the same pig that had been squealing just moments before.
Now, it had been roasted whole. I managed to avoid eating it by only having salad.”
Incidentally, prices range from 200,000 yen to 500,000 yen for a chicken, dogs cost somewhere between 300,000 yen and 800,000 yen, while pigs and goats start at around 800,000 yen.
Charges are higher depending on whether the creature is female and how active it is.
さてひとしきり事が済むと、カップルは1階に戻って、食事のためにテーブルについた。
Mはウエイターが運んできた豚のローストを見て肝をつぶした--それはまさに、さっきこの弁護士がお釜を掘った豚が丸焼きにされた姿だったのだ。
「もう少しで吐きそうだった。なんとかサラダだけ食べてごまかした」
ちなみに予算はトリが20万円から50万円、犬が30万円から80万くらいの幅があり、ブタとヤギはおよそ80万からである。
動物がメスであるかどうか、生きがいいかによって勘定はもっと高くなる。

“The owner says he is prepared to cook up any kind of animal at all,” M tells Jitsuwa Knuckles.
“He even said he’d prepare elephants … but I think he might have been joking about that.” (By Ryann Connell)
「オーナーはどんな動物でも用意できるって言うの。」とMは『実話ナックルズ』に言う。
「ゾウでも用意するって言ってたけど、さすがにあれは冗談だと思う」(ライアン・コネル)

タイトルについてのコメント

タイトルはグリーナウェイの映画「コックと泥棒、その妻と愛人」(THE COOK, THE THIEF, HIS WIFE & HER LOVER)からとられたもの。
「コックと獣、悪徳とその愛人」とでもすべきか。

元記事との違い

実話ナックルズのオリジナル記事は「都市伝説」とはっきり明記してあった。
しかし、毎日新聞waiwaiの記事では、都市伝説との記述は一切ない。

269 :名無しさん@九周年:2008/07/20(日) 17:00:47 ID:rDtXpkkz0
毎日新聞変態記事について、一つ重要な確認がとれたので書いておく。

毎日は客が家畜を犯した後で食べるという"獣姦レストラン"の記事を2007年9月17日に
配信している。
http://www8.atwiki.jp/mainichi-matome/pages/140.html

ところが、毎日が引用先として書いている「実話GON!ナックルズ2007年9月25日号」を
確認したところ、該当記事はP60-63の「エロバカ都市伝説」という特集内の記事だった。
特集の最初のページ(P60)には「世の中には、世間に埋もれて日の目を見ない都市伝説がある。
そんな都市伝説を一挙公開!あなたはいくつ知っていますか―?」とある。
引用先の雑誌ではっきり都市伝説として紹介されているにも関わらず、毎日は
そのことを隠してさも事実であるかのように報じていたわけだ。

拡散状況

Barely 18 Movies
http://www.barely18movies.com/blog/?p=738
Craracked.com
部分転載:http://www.cracked.com/blog/2008/09/11/9-restaurants-designed-to-ruin-your-appetite/
Daily Kos
部分転載:http://www.dailykos.com/story/2007/9/18/81133/1402
Daze Reader
http://www.dazereader.com/24001110.htm
Japan: Stippy
http://www.stippy.com/japan-waiwai-archives/the-cook-the-beast-the-vice-and-its-lover/
Japanese Style Noodles
http://www.japanesestylenoodles.com/waiwai/archive20070917
The Black Ship
http://www.theblackship.com/forum/japan-tabloid-news/2009-cook-beast-vice-its-lover.html
WaiWai Archive
http://www.mainichiwaiwai.com/waiwai/2007/09/20070917.php
Blogger:その他
http://legendsrumors.blogspot.com/2007/09/japanese-bestiality-restaurant.html
部分転載:http://thermiteandanarchy.blogspot.com/2007/09/cook-beast-vice-and-its-lover.html
http://tnk86tkhk.blogspot.com/2008/06/forgery-article-of-mainichi-daily-news.html
海外ブログ
部分転載:http://www.bebo.com/BlogView.jsp?MemberId=2213588763&BlogId=4772978639
http://community.livejournal.com/japanophile/259667.html
http://blog.myspace.com/index.cfm?fuseaction=blog.view&friendID=30082438&blogID=313549009
http://blog.myspace.com/index.cfm?fuseaction=blog.view&friendID=206338281&blogID=313540117
部分転載:http://fullmetalcynic.wordpress.com/2007/09/18/place-gives-new-meaning-to-the-filthy-rich/
http://logipundit.wordpress.com/2007/09/27/beastiality-restaurant-opens-in-tokyo/
英語サイト
部分転載:http://chineseknees.com/post/12448625/the-cook-the-beast-the-vice-and-its-lover
部分転載:http://inezha.com/p/4263702/item23?hl=en
部分転載:http://inventorspot.com/articles/pork_your_pork_6934
http://www.606studios.com/bendisboard/showthread.php?t=127184
http://www.landoverbaptist.net/showthread.php?t=4605
文中の「実話ナックルズ」が消されている。
部分転載:http://porkyourpork.bestuncensored.com/pork-your-pork
部分転載:http://www.moonbuggy.org/archive/2007/09/20/the-cook-the-beast-the-vice-and-its-lover/
http://www.neowin.net/forum/index.php?showtopic=588430
http://www.peoplesrepublicofcork.com/forums/showthread.php?t=114509
http://pervscan.com/2007/09/27/beast-du-jour/
部分転載:http://www.blog.rupromportal.info/uncategorized/mainichidailynews-the-cook-the-beast-the-vice-and-its-lover/
http://www.sankakucomplex.com/2008/06/21/hentai-rag-forced-to-back-down/
http://www.shanghaiexpat.com/MDForum-viewtopic-p-719908.phtml#719908
http://www.theforum.com/showthread.php?t=98238


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。