ライアン・コネル

Mainichi Daily News(MDN)編集長代理で、
実際に多くの日本を侮辱するような捏造に近い記事を書いていたライアン・コネル。


上記のwikiにない、新出情報をこのページに暫定的に保管します。
情報提供者の方々、ありがとうございます!




執筆記事の例


Tokyo Wombats Cricket Club

ライアン・コネルはクリケットクラブに所属していました。
サイトの参加者一覧に名前を連ねており、プロフィールが公開されていました。
http://www.tokyowombats.com/

http:www.tokyowombats.com/mem_ryann_connell.html
(現在は閲覧不可。 ココ によると、6月25日の昼頃に削除された様子。


名前 ライアン・コネル
ニックネーム Roscoe
出身地・生年月日 メルボルン 1955年3月25日
職業 不道徳なジャーナリスト
Wonbat暦 生まれて以来
肩書き Wonbatの風紀委員(そうありたい!)
欠点 どこから言えばいいやら
好きな選手 Doug Walters, Ian Botham, Kepler Wessels (オーストラリアにいた時), Adam Gilchrist, Darren Lehmann
嫌いな選手 Mark Waugh, Brett Lee
好きな食べ物 クリトリス
好きなバンド ローリング・ストーンズ、スカイフック(本当に好き!!!)
良かったクリケット試合 1983年4月にポートオブスペインで行われたAllan Border 対 West Indiesの試合
つまらなかったクリケット試合 80年代半ばの、Mark Waugh Sri Lanka 92 (とその後10年間に依然としてやってたテストクリケット)
クリケットの夢 Wombatsの優勝, チーム選抜でニュー・サウス・ウェールズを落とした選考者を殺すこと
クリケット以外に興味のあること セックス (不幸にもこれは普段マスターベーションしてるってことだ)、映画

参考:
※少なくとも彼は2004~2006年の参加者に名を連ねている
2004 committie(アーカイブ)
http://web.archive.org/web/20040423011558/www.tokyowombats.com/members.html
2005 committie(アーカイブ)
http://web.archive.org/web/20051223093053/www.tokyowombats.com/members.html
2006 committie(アーカイブ)
http://web.archive.org/web/20070101173149/tokyowombats.com/members.html

かろうじて残ってたプロフィール(アーカイブ)
http://web.archive.org/web/20040721130600/www.tokyowombats.com/mem_ryann_connell.html

↑は現在(2008.6.29.3:30)閲覧不能のようなので、↓のWeb魚拓からプロフィールをご覧ください
http://s03.megalodon.jp/2008-0624-0115-53/www.tokyowombats.com/Member%20Profiles/mem_ryann_connell.html

『週刊ポスト2008年7月11日号』より

「10年以上前に来日し、東京・八王子市役所に嘱託職員として勤務し、
書類の英訳や外国人への対応などをしていたこともある」


ライアンが人種差別や偏見の助長に反対

69 :名前をあたえないでください:2008/06/25(水) 04:25:13 ID:h25z6scY
Ryann Connell でグーグルしてみたら、ふざけたのが見つかった。
Japan Probe のサイトに、毎日デイリーニュースの編集長という肩書きで
ライアンがなんか偉そうなこと言ってた。

2007-02-12の日付のとこ。

http://www.japanprobe.com/?p=1124

「毎日新聞は証拠に基づかぬ、人種差別や偏見を助長するいかなる言論にも
強く反対するとともに、そのような要求に大しては全面的に拒否を
しておりますです」

馬鹿野郎ってんだよ。
ライアンのその書き込みに返事したら、何故か削除。

これは毎日新聞の日本語版と英語版とのヘッドラインの違いについて
疑問を投げかけるトピックにライアン・コネルがコメントをつけたものをさしている。
以下彼の書き込みを引用させていただく。( 引用元

Comment by Ryann Connell
2007-02-12 08:06:29

A few points:
1) Thanks to all for having so much interest in the Mainichi and for Japan Probe’s regular support of our stories. Please keep it up!
2) The headlines are different because the original Japanese headline has missed the point of the story. The English translation is not a good one, but read the text of the Japanese story and it’s main point is clearly more along the lines of the English headline. Though we work together closely, the Japanese and English versions of the Mainichi are different, with the Mainichi Daily News (English) an independent publication in its own right (even though highly dependant on translations). But discrepencies between the languages will exist with nearly every story, mainly because news articles are written differently in English and Japanese.
3) The Mainichi abhors any allegation of racism or bias and totally rejects any such claim.
4) I have seen every article of correspondence that has come through official channels to the Mainichi Daily News since >April 2005 and we have not received “a lot of flak from human rights group about misleading headlines.” This claim is simply untrue, unfounded and irresponsible.
Ryann Connell
Chief Editor
Mainichi Daily News

特にここに注目。
3) The Mainichi abhors any allegation of racism or bias and totally rejects any such claim.

どの口が…とはまさにこのこと。

ちなみに、
毎日新聞英語編集
↑毎日新聞の英文編集部はこういう職場・社員がいるところです。
一見華やかに見えますが、こういった職場で変態捏造ニュースが書かれていると思うと(ry

「明石家さんちゃんねる」2007年10月24日放送で、毎日jp訪問の際に、コネルが出演したとの情報がある。


英語版WWikipediaの「Japanese fascism」の情報源にライアンの記事がありました。
Connell, Ryann. "Friendless fascists pay high price to be Mr Right", Mainichi Shimbun, November 1, 2007. Retrieved on 2007-11-02. (English)

”友達のいないファシストがMr.右翼に高い代償を支払います”
原典 サイゾー 2007年11月号「右翼の街宣活動にかかるコスト/そこまでして街宣する理由とは?」


元・外国人都民会議のメンバーだった!

882 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2008/06/26(木) 13:23:16 ID:nmaLqrRP0
「ジャパンタイムス」でライアンコネルが登場する記事を見つけました

ライアンコネルは10年前 外国人都民会議のメンバーだったようです  

「ジャパンタイムス」  
http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/nn19980512a5.html

外国人都民会議(2001年3月に廃止) → 地域国際化推進検討委員会(2001年度~)



788 名前:文責・名無しさん[] 投稿日:2008/06/27(金) 09:15:04 ID:plOgt1DJ0
ttp://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/nn19980512a5.html
↑ジャパンタイムズによると、ライアンは東京都の
「A foreign residents' advisory council」のメンバーだったようだ。
会議で、外国人の参政権と公務員への登用の問題で意見が分かれたけど
「多数決を取ってcouncilとしての意見を明確にすべきだ、
自分の非公式な電話での調査ではメンバーの多くが外国人参政権に賛成だ」
とライアンが発言して騒ぎになったって書いてある。

どうも今回の事件、まだまだ裏がありそうだ。




八王子市の嘱託職員だった?

816 名前:可愛い奥様[] 投稿日:2008/07/01(火) 22:14:55 ID:R2/gf4Ub0 (PC) 
では工作員が一番嫌がる、電凸報告行きますか? 


八王子市市役所に取材 

ライアンコネルが、八王子市で嘱託職員として 
平成六年から二年間働いていたことが確定しました。 
正式職員じゃありませんでした。


タブロイド・トーキョーの紹介文から

Australian RYANN CONNELL works for the Mainichi Newspaper, specializing in stories about unseen Japan. A resident of Tokyo for almost 20 years, he idolizes his daughters, M**** and N******, fertility festivals and raw horseflesh-flavored ice cream.

ライアン・・コネルはオーストラリア出身の毎日新聞社に所属する記者で、
日本の海外にあまり知られていない部分を紹介することが専門である。 
東京に20年ほど住んでおり、二人の娘、M****とN******を溺愛している。
豊作祈願のお祭りが好きで、馬刺し風味のアイスクリームが好物である。

  • 二人の娘の名前はロシア名で、本当の名前であるか、疑問視されている。M****はロシアの男性名で、この名前を娘の名前としている。

コネルを解雇にできない理由

「今回、懲戒休職3カ月の処分を受けた担当の外国人記者は、96年10月から同編集部で働くようになり、
「WaiWai」の執筆に加わるようになった。」との毎日新聞の説明があり、
紙媒体のWaiWai記事では、コネルの名前が最初に確認できるのは1997年12月28日。
"Hubby-dumpers' beds not made of roses" 日本語タイトル「離婚妻が悲惨な末路」で
Shukan Taishu(1/5-12)をネタにしている。これ以前の1995年からコネル登場までの期間、
イトウタケシ、マーク・シュライバーの二人がかなりの分量の記事を書いている。
コネルは日本人スタッフが3人いた英字新聞時代の編集方針に従ったということになる。
ライアン・コネル インタビューでは、コネルは自分がカソリックであることを明かし、
記事を書くことが不快なことだったとの説明をしている。
(ただし、クリケットでの自己紹介文や歌舞伎町好きという話をしていることは注記しておく。)

384 名無しさん@九周年 New! 2008/08/18(月) 02:36:48 ID:f/Jnl4zT0
コネルは3ヶ月後ものうのうと毎日に残るだろうが、部署は転換される 
だろうな。英文毎日の元編集部長の田嶌徳弘も2005年の記者腕章 
貸与事件で受けた処分は懲戒求職2週間だったけど、処分が解けた後に 
生活家庭部に転換になったから。 

389 名無しさん@九周年 New! 2008/08/18(月) 02:42:57 ID:5t/BYMkC0
>>384 
でもコネルの使い道ってエロ変態記事だけだからどこにあるんだろ? 
取材の一つもしたことなく、こんなに名前が売れちゃ記者として外に出すこともできない。 
もちろん署名記事も書けない。 
かと言って閑職に回してやめさせるように仕向けることもできない。 
コネルは毎日にとっての爆弾を抱えているからね。 

403 名無しさん@九周年 New! 2008/08/18(月) 02:56:52 ID:f/Jnl4zT0
>>389 
>コネルは毎日にとっての爆弾を抱えているからね。 
これはいい着眼点。 
毎日変態記事事件を追ってるメディアはコネルの消息はぜひ突き止めて取材して 
もらいたい。もともと単にエロ記事書きなぐりたいだけの変態野郎で毎日への義理も 
ないだろうから、いざとなれば簡単にあれこれ喋りそうな気がする。 

あと、変態記事とは関係なさそうだが雑誌Hanakoで過去に外国人記者オススメの店! 
みたいな企画があった時にコネルが登場している。 
2006年4月27日号。 

>>397 
>でも新しい女編集長の下で今まで仕切っていたMDNにいられるかね。 
でも英文毎日では編集長って公式の役職じゃないんだよね。 
毎日の7月20日付「検証」記事に書いてあったけど。 
だから、新しい女編集長ってのも新生をアピールするためのただのお飾りでしょうよ。 

409 名無しさん@九周年 New! 2008/08/18(月) 03:09:20 ID:5t/BYMkC0
>>403 
コネルをやめさせようとしたら外国人記者クラブで記者会見をやるといきまいたという 
情報が初期のころにあった。 
コネル自身がインタビューでカミヤマが上司だったようなことも書いていたと思う。 
探せば出てくるけど。 
どうにもマーク・シュライバーがいろいろと怪しい。 
ジャパンタイムズでも変態記事書きまくっていたし。 
MDNはwaiwaiの変態記事で売っていたのだから、今更また再開して「日本の正しい文化を伝える」 
なんていうお行儀のいい記事じゃ変態外人は寄って来ないだろうね。 
アクセス数を失ったMDNを続ける意味があるのかどうか。 
ちょっとでも変なことを書けば猛攻撃されるだろうし。 
それは毎日.jpにも共通しているけど。

425 名無しさん@九周年 New! 2008/08/18(月) 03:22:07 ID:f/Jnl4zT0
>>409 
>コネルをやめさせようとしたら外国人記者クラブで記者会見をやるといきまいたという 
>情報が初期のころにあった。 

これでピンときたんだが、コネルは変態記事事件以外にも「爆弾」を抱えてる可能性大。 
というのは、2005年に英文毎日が来日中のボビー・フィッシャー代理人に成田空港の 
記者腕章を貸与して編集部長やコネルと思われる"外国人記者"が処分された事件があったのよ。 
詳細は↓を読んでほしいが、当時の編集部長・田嶌とともににフィッシャーを追っていたのがコネル。 
ttp://www011.upp.so-net.ne.jp/monooki/mainichi_memo/mainichi_memo_1.html 

田嶌が記者腕章貸与をネタに独占インタビューを取り付けたのがミエミエの経緯といい、 
この件は深く付けば毎日への大打撃となる爆弾となる。 
毎日がコネルを切れない原因はこの辺にもあるのかも。 


457 :可愛い奥様:2008/08/18(月) 09:51:02 ID:yWg1JzJG0
>>387
コネルが書いた、元チェス王者 ボビーフィッシャーの記事らしきもの

ttp://west26.blogs.com/economist/2004/08/bobby_fischer_i.html
ttp://s03.megalodon.jp/2008-0818-0949-17/west26.blogs.com/economist/2004/08/bobby_fischer_i.html

Bobby Fischer: In the news again

何かに使えたらどうぞ。 


関連ページ



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。

添付ファイル