※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Back

※どなたでも編集可能。■から書き始めて下さい。

SLASH

■相手は切り返しが弱いのでロックイットを連発してやる。網なら破壊しつつ接近できるし、樹の上にちょうど止まってしまわない限りとても安全。ロックイット後に、ダッシュから三択を迫っていく。
6Kがかなり厄介だが、どういうわけか足払いで勝てる(攻撃判定より先にテスタの喰らい判定が出るのか?)。足払いがまるで届かない距離でも勝手に転んでくれるのでお得。
よって接近手段は、単発ロック・ダッシュ足払い・ダッシュ>まめにFD(様子見) この三つで。
網より樹が厄介で、樹仕掛け位置の一歩奥で待たれると攻め辛い。こんな時はBHBLV2やBRPLV2で奇襲するか、HJFDでこつこつ罠を出現させていく。焦らなければ勝機はある。サイクは確実に決まるディガーに対して使うのが最良かと。


■ロックイットをヒットorガードさせた後に、すぐ反撃してくるような相手であれば、2Sでことごとくカウンターを取れます。ロック>その場2S>ロックで結構固められる。ときおり2SからBRPを出してやる事で攻めに変化を付けられます。

起き上がりに網を仕掛けられた場合、それをわざと喰らってしまうのも一つの手段。網に拘束されたところを数発殴られますが、そのあと確実に受身をとれます。受身直後にJPを連打するとそこから反撃できたりもします。崩されてダウンさせられ再度起き攻め・・・というのが典型的な負けパターンなので、あえて喰らい逃げするのも有効だと思います。











AC