力うどん


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

練りの機能を使ってうどんと餅をつくりました。


分量は発芽玄米器HCH-50の説明書にある分量
トッピングは
油あげ、もち、海老天、ネギ、かまぼこ

力うどんレシピメモ


1.粉の準備。今回はもらったすいとんの粉を使用。100%小麦粉ではないので仕上がりはなぞ

2.粉を400g、水190mlと塩10の塩水を準備。夏は冷水を使ったほうが良いらしい。

3.HCH-50に粉ねり専用プレートをセット

4.粉をいれてねり時間15分に設定

5.回転しだしたら塩水を少しづつ入れる
 塩水を全部入れたら蓋をしてねりの終わりまで待つ

7.ねりが終わったら取り出して一塊にまとめる

8.ラップに包んで30分から1時間寝かせる

9.餅つきの準備。砥いだもち米をしたしモードで水につける
10.もち米を蒸す (餅つきの方法はもちつきのページ参照)
11.寝かしておいた生地を3~4mm程度に伸ばし、10cmはばに折りたたみます。
  (初心者なので伸ばした形がいびつ)

12.包丁で3mm幅にきり、打ち粉をふってほぐしておく。

13. 蒸かし終わったもちこめをつく。

14.たっぷりの湯をわかし10分くらい芯がなくなるまでゆでる。

15.麺に透明感がでたらザルにあげ水でよく洗い、水切りをしておく。

16.餅米が付き終わったら伸ばして切り餅をつくる。

17.こぶだしとかつおでとった出汁に薄口しょうゆをいれてめんつゆを作る。
18.出汁と醤油とお砂糖で甘辛く煮ておいた油揚げを三角にきる。
19.餅を焼く
20.麺を温めて丼に入れ、めんつゆ、油揚げ、かまぼこ、焼餅、ネギを載せて完成
 (今回は買ってきた海老天をトッピング)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。