ステア(シングル)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

すてあ

解説

ステア(ステアケース)は段差もしくは段差上りのことであり、技としては段差上りの方の意味である。
基本的にはペダルやガード、足を段差にかけないシングル、ペダルやクランク、ガードをかけるダブル、
減点覚悟で足をつくヒラーノの3種類に分類されるがこれらの応用で段差を上る方法は多種多様である。
ここではシングルについて説明する。応用で当て型やウィリージャンプ等を使う上級者は1m以上のステアにたやすく乗れるが
一般的なフロントアップで乗れるのは60~70cm程度であるのでそれについて書く。

練習方法

フロントアップが完璧ならフロントタイヤをステアの上に乗せる練習は省いても問題無いが
そうでない場合は少なくとも目標の段差より少し高めまでのフロントアップの練習を積むべきである。
以下はフロントアップが完璧な場合からの練習方法である。

ステアの前でスタンディングもしくは微速前進してフロントアップして
ステアの端から5~10cm程度の場所にフロントを乗せるようにして
フロントが乗ったらすぐにひざと腰を折りたたんでリアを乗せる。
フロントタイヤをステアの奥に乗せるとリアタイヤがステアに引っ掛かるためである。
このときのフロントアップは後ろに体重を乗せたままではなく
フロントが上がり始めたら斜め上(ハンドル方向)に伸びあがることが重要である。