アンゲリカ

初出:第182話

声 - 浅野真澄

家族構成

父:アンゲリカの留年を回避させ卒業まで導いたローゼマインに感謝している。
母:フロレンツィアの側仕え。同上。
 妹:リーゼレータ

夫:エックハルト(婚約)

容姿

髪の色:淡い水色
000000000
瞳の色:深い青
000000000
淡い水色の髪に深い青の瞳。
女性の側仕えならともかく、どこからどう見ても騎士には見えない。
小柄で細身の少女。可憐な美少女である。美少女なのである・・・

地位

階級:中級貴族
職種:騎士見習い→騎士・ローゼマインの側近

年齢と属性関連

  • ローゼマインとの学年差:+5 *1
  • 誕生季:夏と推測される *2
  • 洗礼時の属性(適性):火風 *3
  • 3年生時に得られた加護:火のみ(風は得られなかった) *4
  • 加護の再取得:風、武勇、導き、疾風 *5

作中での活躍

小柄で細身の脳筋美少女。外見詐欺のため、茶会や宴で護衛するのに向いている。
側仕えを多く排出する家系に生まれたのにもかかわらず、勉強嫌いで側仕えにまったく適さないため、騎士の道を選ぶ。
ローゼマインが領主の養女になってから、貴族街にいる間の護衛になった。
ローゼマインの護衛騎士に引き立てられたことで家族以外の一族に存在を認められ、そのことに対して感謝するとともに主であるローゼマインを最上に考えている。
スピード特化の戦い方を得意としていて、中級貴族にしては魔力多め。
騎士はシュタープを武器に変形させて戦う者が多いが、その分の魔力を身体強化に割り当て、武器は魔剣を使っている。
あまりにも成績が悪く、アンゲリカが補講を乗り切るために、アンゲリカの成績上げ隊が結成された。
説教臭い魔剣シュティンルークの主で、ローゼマインの魔力を得て魔剣が意志を持つようになってからは、余計に思考をしなくなった。
ローゼマインが襲撃を受けユレーヴェで眠ってからは、ボニファティウスの弟子となり、鍛えられた。
上級騎士でもあまりいない身体強化の魔術を使える騎士になっている。
基本的に何も考えない分、躊躇わない。誰が相手でも武器を向けて主を守る。
エックハルトの第二夫人として婚約するが、アーレンスバッハ行きに伴い婚約破棄。
エックハルトやフェルディナンドからトラウゴットでは強さや心構えでも相手にならないと評されており、中級貴族にかかわらず領主候補生のボニティファウスすらひやっとさせるなど上級貴族以上の戦闘能力を持っている。

ローゼマインに対する忠誠心は高く、「ローゼマイン様以外の主に仕えられる気がしません *6 」と言い切っている。

アーレンスバッハの礎取りディッターでは、
ランツェナーヴェ兵の武装解除をしながら「後のことも考えて攻撃方法を選択せよ」と注意するエックハルトに
「はい。わかったような気がします」 *7 と返事をしたり
船を凍らせるために冬を呼ぶというフェルディナンドの非常識作戦に度肝を抜かれたハイスヒッツェを感動させた
「難しいことを要求された時は、理解することよりも自分の割り振られた役割をいかにこなすかが大事なのです」 *8 等の名言がある。

ローゼマインとフェルディナンドの婚約でアンゲリカとの婚約話が再度浮上。婚約式の後に双方の意思確認後、あっさり再婚約を決定。 *9
ローゼマイン視点では恋愛要素は確認できず。


経歴

08年夏 ローゼマインの護衛騎士に就任する。
08年冬 加護の取得で、適性のある大神の加護を得られないという稀な例となる。
08年冬 冬の間に3年生の授業を合格できず、補講が決定する。
09年春 補講を合格し、貴族院留年を回避する。
11年冬 エックハルトと婚約。貴族院を卒業する。卒業式では剣舞を奉納した。
13年春 婚約破棄。
13年冬 エーレンフェストで加護取得の儀式を実施した結果、適性のある大神の加護と眷属の加護を得る。
14年春 領主会議中の星結びの儀式と奉納の儀式で、青色巫女(に扮した護衛)を担う。
14年冬 貴族院で奉納の儀式の青色巫女(に扮した護衛)を担う。
15年春 ローゼマインのアーレンスバッハの礎取りディッターに同行する。
     アーレンスバッハの神殿で、対ランツェナーヴェ戦を行う。
     ランツェナーヴェの船攻略戦で、ローゼマインの護衛を担う。
     ゲルラッハ攻防戦に参加する。

作者コメント

2015年 09月25日 活動報告
アンゲリカは主のためならば躊躇わない騎士と対比して設定していました。最初から勉強は苦手設定でしたが、ここまで残念な脳筋になる予定はなかったはずなのです。どうしてこうなったのでしょうね? 不思議。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 384話アンゲリカの卒業式の記述から、父親は養父様の側仕えなのでは? - 2016-10-15 11:05:16
    • それなら養父様について貴族院に来てると思うんだ。側仕えは同性だから領主一族で該当するのがボニファティウス様かメルヒオールしか残らないんだよな。でも両方側使えを引き連れてるタイミングで名前ないんだよな・・ - 2017-08-16 09:53:34
  • アレクサンドリアでまた婚約し直すんじゃねえか - 2017-04-08 20:40:10