ヴェローニカ

初出:第253話

声 - 中根久美子

家族構成

父:初代ギーベ・グレッシェル
母:ガブリエーレ
兄:ガブリエーレの長男
弟:ベーゼヴァンス (前神殿長)

夫:先代アウブ・エーレンフェスト
娘:ゲオルギーネ
 孫娘:アルステーデ
  曾孫娘:ベネディクタ
 孫:ヴォルフラム(故人)
 孫娘:ディートリンデ
娘:コンスタンツェ
 孫:リュディガー
息子:ジルヴェスター
 孫:ヴィルフリート
 孫娘:シャルロッテ
 孫:メルヒオール
 孫娘:ジルヴェスターとフロレンツィアの第四子

異母姉:エルヴィーラの母
 甥:ギーベ・ハルデンツェル
 姪:エルヴィーラ
異母弟:二代目ギーベ・グレッシェル
 甥:ギーベ・グレッシェル


容姿

年を取ったディートリンデのような女 *1

地位

階級:上級貴族→領主一族
職種:領主の第一夫人→領主の母

年齢関連

  • ローゼマインとの年齢差(季節不明):+44 *2
  • ローゼマインとの学年差:+44or45(誕生季による)

作中での活躍

エーレンフェストの先代領主夫人。
ジルヴェスターの母で、前神殿長の同腹の姉。
母親のガブリエーレは三人目の子を為した後、産後の肥立ちが悪くて亡くなってしまう。
跡継ぎ候補だった同腹の兄が早くに亡くなったため、実家を第二夫人の異母弟が継いだ。
肩身が狭い少女時代を過ごし、神殿に入れられた同腹の弟が大事になった。異母兄弟という存在が嫌い。アーレンスバッハをなにかと優先し、自身のやることこそが全て正しいと信じている。
ガブリエーレが築いた勢力を引き継ぎ、ヴェローニカ派を作り上げ、上級貴族を抑え込めるほどになった。
次期領主は男の方が、と周囲に言われたこともあり、末っ子長男のジルヴェスターを可愛がった。
ヴェローニカにとってフェルディナンドは、第二夫人を娶らないことを受け入れてくれたはずの夫がどこからともなく連れてきた優秀な男児で、ゲオルギーネをアーレンスバッハに出してでも次期アウブに据えようと思った可愛い末っ子長男のジルヴェスターを脅かす存在だった。 *3
その為、フェルディナンドを徹底的に嫌い、役立たずは必要ないといった言動でフェルディナンドを追い詰める。幼い頃からフェルディナンドと2人での会食時には毒入りの食事にする・気に入ったもの・成果を取り上げるなど様々な虐待を行っていた。優秀な成績を上げれば後ろ盾もないのに実行不可能な領主の座を奪われると思い、命を狙うなど様々な理不尽な仕打ちを与え続けた。
ユストクス曰く、ヴェローニカのこうした所業が皮肉にもフェルディナンドの能力を鍛え上げる結果となった。
フロレンツィアとの嫁姑戦争が激しく、ヴィルフリートを取り上げた。
ジルヴェスターによく似た初めての孫であるヴィルフリートを殊の外可愛がり甘やかす。ローゼマイン曰く(ジルヴェスターを含めて)情は深いが駄目な甘やかしをする人とのこと。
その教育内容は自分の言うとおりにしなかった場合だけ叱り必要な教育から逃げても放置するというものだった為、ヴェローニカは自分の意のままになる人形のようなアウブにしたかったのだろうと推測されている *4 。ジルヴェスターの認識不足と放置も合わさった結果、ヴィルフリートは最低限の教養もない状態となっていたことから、ライゼガング系貴族はヴィルフリートの教育失敗を理由にヴェローニカを追い落とす計画を立てていた *5
その一方で、フロレンツィアに面差しの似たシャルロッテには、祖母としての愛情を全く注がなかった。 *6
カルステッドが呆れるほどの内容・量で行われた前神殿長の悪事を庇い続けるが、公文書を偽造したのが決定打となり、ジルヴェスターに裁かれ白の塔に幽閉された。
後に白の塔へ訪れたヴィルフリートやゲオルギーネには、幽閉されたのはローゼマインやフェルディナンドの陰謀だと語る。だが幽閉を決断し実行したジルヴェスターを庇い、己が行った罪については伝えなかったことから、状況を理解しているのか疑問が残る状態だった。

ヴェローニカ派には、公文書偽造などの罪もローゼマインやフェルディナンドが仕組んだ冤罪でジルヴェスターをだましていると主張している者もいる。

なお、義務よりも私欲を優先し犯罪など事の善悪もわからず自分のやること全てが正しいとする自己中心的な性格は孫であるディートリンデにも受け継がれている。また、ゲオルギーネもヴェローニカ同様に自分の傀儡として子供を教育していたようで、アルステーデディートリンデは失敗すれば処刑必至といえるゲオルギーネの命令に唯々諾々と従っていたが、ディートリンデはこれまたヴェローニカ同様教育を放置していたようで状況を全く理解しておらずむしろ足を引っ張る行動となった。

経歴

8年春 領主印の無断使用による公文書偽造と他領貴族を引きいれた罪で森の白の塔に幽閉される。 *7

作者コメント

2016年 06月09日 活動報告返答
ヴェローニカは本当にフェルディナンドが嫌いでした。
第二夫人を娶らないことを受け入れてくれたはずの夫がどこからともなく連れてきた優秀な男児で、ゲオルギーネをアーレンスバッハに出してでも次期アウブに据えようと思った可愛い末っ子長男のジルヴェスターを脅かす存在ですから。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • ヴェローニカはジルヴェスターを傀儡となるようバカに育てていたが、弟を得て覚醒(207話) - 2017-07-22 15:59:02
  • その流れで、アーレンスバッハから選ぶはずだった嫁も自力でゲット(253話) - 2017-07-22 16:15:37
    • 先代アウブとリヒャルダもいたからヴィル程酷くはないでしょ。リヒャルダも最低限は身に着けさせたと言ってるし。 - 2017-07-23 21:23:55
  • 本命なのか保険なのか、孫のヴィルフリートも傀儡となるべくバカに育てた - 2017-07-22 16:17:06
    • どっちかというと、リベンジ? 息子は嫁問題で逆らったから、今度こそ自分に逆らわないような人間にしようとした - 2017-07-23 18:17:40