ジョイソターク子爵

初出:第220話 *1
名前の初出:第271話

家族構成

妹:ローゼマリー
子:09年冬時点で8才以上15才以下の子供が複数名存在 *2

地位

階級:中級貴族
職種:子爵、ギーベ・ジョイソターク

作中での活躍

ローゼマインの設定上の生母ローゼマリーの兄。ヴェローニカ派。 *3
ローゼマリーが上級貴族と縁続きになったことで気が大きくなり、無茶な要求を方々にし始めた。
色々と問題行動を起こしていて、エルヴィーラに嫌われている。
冬の社交でローゼマインは自分の姪だと言い回っていた *4 が、面会依頼を断られ続けているため、周囲は懐疑的。
北の離れを襲撃し、シャルロッテを誘拐して、公式にはローゼマインに毒を盛ったことで処刑される。
おそらくは、エーレンフェストにおけるトルークの最初の被害者。 *5

経歴

01年頃 ローゼマリーの兄として問題行動を起こす
09年冬 シャルロッテ誘拐事件を起こす
09年冬~11年冬までの間 シャルロッテ誘拐の罪で処刑される。 *6

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。