ハルトムート

初出:第284話(書籍版では、第三部III 子供教室 *1 が初出 作中時系列の初出はSS42話)

家族構成

父:レーベレヒト
母:オティーリエ
婚約者→妻:クラリッサ *2
長兄:フェルディナンドと貴族院在学期間がかぶっている *3 。14年春時点で結婚して独立済 *4
兄:ハルトムートの上、長兄の下に、少なくとも一人以上 *5 。14年春時点で結婚して独立済 *6

父方の親戚
曾祖父:前ライゼガング伯爵
異母伯父:ギーベ・ライゼガング
従妹:レオノーレ

親戚
叔父:ハルトムートの叔父

容姿

髪の色:朱色
000000000
瞳の色:橙のような明るい瞳
000000000
特徴的な朱色の髪に橙のような明るい瞳。
にこにことした穏やかな雰囲気の中に茶目っ気を感じる。

地位

階級:上級貴族
職種:文官見習い→文官・ローゼマインの側近神官長兼任(13年秋~15年春)→文官・ローゼマインの側近

年齢と属性関連

  • ローゼマインとの学年差:+4 *7
  • 誕生季:冬 *8
  • 洗礼時の属性(適性):少なくとも土 *9 光火風 *10
  • 加護の再取得:秩序、育成、飛信、長寿、夢 *11
  • 533話以降の属性:少なくとも土 *12 光火風命 *13
  • 561話以降の属性:自らの属性に加え、ローゼマインへの名捧げによる全属性 *14

ハルトムート視点の回

SS 第42話 ハルトムート視点 運命の洗礼式
SS 第31話 ハルトムート視点 クラリッサとの出会い

作中での活躍

上級貴族の文官見習い。オティーリエの末息子。
人懐っこい子で人と関わるのが好き。情報を集めるのがとても上手い。情報収集能力が高い。
優秀で常識があるユストクスだと思っていたら、実は聖女信奉者。

母親のオティーリエに連れられてローゼマイン洗礼式に訪れた際に、大規模な祝福返しを与えられて感動し *15 自分の人生に色を与えてくれた御方として信望するようになる *16
次代の領主候補生を争う競争相手を蹴落とす事を考えてオティーリエに進言するが、助言を得て聖女伝説を考えるようになる *17
ローゼマインの側近になることを希望したが、オティーリエに「ちょっと頭を冷やしましょう」と言われ一年間遠ざけられていた *18
ランプレヒトからのヴィルフリートの側近打診を断り、一年後の09年冬にローゼマインの側近に志願しようとしていたが *19 、その前に襲撃事件が発生したため、側近になる機会は11年冬まで持ち越した。

洗礼式を終えた貴族のお披露目フェシュピールを奏でて祝福に至り、フェルディナンドによる聖女伝説の計画をさらりと超えたことから聖女だと信奉するようになった。
貴族院でも聖女伝説を広げようと計画中。

元々は何に関しても興味が薄い人物だった *20 のだが、ローゼマインに傾倒した結果、幼馴染であるコルネリウスにドン引きされる *21 ほどキャラが大きく変わった。

ユストクスから仕込まれて様々な技能を得た。
「厳しい訓練に耐え」た結果、対ターニスベファレン戦では陽動に参加するほどの戦闘能力を得た。 *22
頑固で他人の言葉ではなかなか自分の考えを変えようとしないが、ローゼマインに対しては柔軟 *23 。また、ローゼマインを怒らせることを忌避し *24 、喜ばせたい *25 と考えている為、基本的にローゼマインの意向に沿って行動する。
ターニスベファレンの襲撃と土地を癒したローゼマインに関する報告書では、神具を操る聖女への賞賛と神への感謝を書き連ねて、エーレンフェストの首脳陣を困惑させる。
名捧げしたローデリヒに嫉妬して、迷惑がられていた。
観察力と洞察力は非常に高く、ローゼマインが平民出身であることを自力で突き止めた。 *26

5・6年生の表彰式で優秀者に選ばれた。
フェルディナンドの婿入りが決まった為、神官長を引継いだ。
典型的な上級貴族で、青色神官を同じ貴族とは考えていない。
青色神官も灰色神官も自分より下の身分として一括りにしている節があり、ローゼマインに役立つか否かで判断する。
ローゼマインに反感を持つ青色神官には物理的に尋問し、従順でローゼマインのために働く灰色神官とは良好な関係を築く。
ローゼマインがフェシュピールを奏でる姿や神具で土地を癒す姿に思い入れがあり、ヴィルマにその姿絵を注文した。
卒業後も、クラリッサから届いたローゼマインの儀式に関する手紙に悔しがり、何かと理由をつけて貴族院へ訪れてる。
王の養女となる事が内定して中央へ移る事が決まった際は、ローゼマインに確実についていくため、名捧げを行った。
ローゼマインが始まりの庭でアーンヴァックスに強制成長をさせられている際に、名捧げの魔力を介してローゼマインの成長を感じとり、エーレンフェストの係者へ毎日実況中継をした。
その結果、エーレンフェストの面々がローゼマインの急激な成長を受け止め、ギルベルタ商会がサイズの合わない服を製作しないで済んだりした。
だがメルヒオール神殿側仕え達が「英知の女神 メスティオノーラによって神々の世界に招かれて神々の祝福を受けて成長している」というハルトムートの発言を信じ込む事態をもたらした。

15年春に勃発したアーレンスバッハとの礎争奪戦では、ローゼマインに同行して攻め込む。
ローゼマインの行動から推測して、領地の礎の入口が神殿のメスティオノーラ像近傍にあることに自力で気づく。 *27
ローゼマインが礎を奪ってアウブになった後、フェルディナンドから指示を受けてアーレンスバッハの貴族を洗脳する。
アーレンスバッハの貴族が見守る中、本来の神事を実践し、エーヴィリーベの剣で銀の船を攻撃した。

経歴

11年冬 ローゼマインの側近に就任する。
     5年生の表彰式で優秀者に選ばれる。
     ローゼマイン式魔力圧縮法を知る為の契約魔術にサインをする。
12年冬 クラリッサと婚約する。
     6年生の表彰式で優秀者に選ばれる。
     成人し、貴族院を卒業する。
13年春 ローゼマインの側近として領主会議に参加する。
     エーレンフェスト神殿の次期の神官長としてお披露目される。 *28
13年秋 フェルディナンドがアーレンスバッハへ移動したことに伴い、神官長に就任する。
13年冬 貴族院で奉納の儀式の神官長役を担う。
     エーレンフェスト神殿で加護の再取得の儀式を行い、属性を増やす。
14年春 領主会議中に星結びの儀式の神官長役を担う。
     ローゼマインの側近として領主会議に参加する。
     領主会議中に奉納の儀式の神官長役を担う。
     ローゼマインに名捧げをする。
14年秋 ローゼマインの側近として、領主一族の上級側近一同と共に、グレッシェルの広域ヴァッシェンを行う。
14年冬 貴族院で奉納の儀式の神官長役を担う。
     ローゼマインと共に、戦闘特化のシュミルを製作。
15年春 ローゼマインのアーレンスバッハの礎取りディッターに同行する。
     アーレンスバッハの神殿に先行し清めを行う。
     ランツェナーヴェの船攻略戦で、エーヴィリーベの剣をシュタープで作り出し攻撃する。
     ゲルラッハ攻防戦で、奪われた魔力を小聖杯から土地に戻す役割を担う。
     ローゼマインのエーレンフェスト神殿の神殿長退任に伴い、エーレンフェスト神殿の神官長を退任する。
     アレキサンドリアに移籍する。
15年夏 クラリッサと結婚

作者コメント

2015年 08月17日 活動報告
ハルトムートには狂気じみている自覚があります。それまで特にのめり込む物がなかったので、ローゼマインにのめりこんでいる自分の変化に一番驚き、かつ、面白がっています。狂気じみているという自覚もなく、それを当然だと思っているギーベ・ゲルラッハとはちょっと違うのです。本当にちょっとだけ。
第457話 後書き
側近の皆が聞き飽きた話でも楽しく聞いてくれる子供達はハルトムートのお気に入りです。
2015年 08月29日 活動報告
愛想が良くて、外面が良くて、優秀で友人知人が多いんですけどね。でも、聖女に傾倒している残念な子。それがハルトムート。
SS第31話 後書き
狂信的な気持ち悪さを少しでも緩和するために一年生を選んだのですが、すでに手遅れでした。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 主に狂信者の疑惑をもたれている。本人も狂信者の自覚はあるらしい。 - 2015-11-29 20:04:56
  • 間違いなく、ローゼマインに心から感謝してる孤児>聖女を疎んでる上級貴族 というカテゴリ分けしてる人だなw - 2016-04-06 06:03:24
  • 561話から名捧げで全属性になったかも? - 2016-05-27 17:49:06
    • ローデリヒ曰く、加護取得の儀式の前後で明確に差異があるようなので、全属性化は、次に加護取得の儀式をした後でかも? - 2016-05-29 10:23:14
  • ハルトムートはどちらかというと背が高く、肩幅もしっかりある(342話) - 2017-03-27 17:56:02
  • 兄弟の欄、兄または姉ってあるけど、543話でオティーリエが「上の息子たちと同じように~~」と書いてあるから3人以上の男兄弟ではないかな - 2017-04-12 01:29:08