レティーツィア

初出:第368話

家族構成

母:アウブ・アーレンスバッハの元第一夫人の三女
養父:アウブ・アーレンスバッハ
養母:アウブ・アーレンスバッハの元第一夫人

母方の親族
祖父:アウブ・アーレンスバッハ
祖母:アウブ・アーレンスバッハの元第一夫人 (ドレヴァンヒェル出身)
 伯母:二人存在

容姿

髪の色:金髪
000000000
瞳の色:碧眼
000000000
金髪碧眼でとてもかわいい。

地位

階級:領主一族
職種:領主候補生

年齢と属性関連

  • ローゼマインとの学年差:-4 *1
  • ローゼマインとの年齢差:-4(夏) *2
  • 誕生季:上記より春か夏と推測される
  • 属性:不明

レティーツィア視点の回

SS21話 レティーツィア視点 お手紙
SS26話 レティーツィア視点 初めての祈念式
SS32話 レティーツィア視点 余所のお菓子と玩具
SS36話 レティーツィア視点 平穏の終わり 前編
SS37話 レティーツィア視点 平穏の終わり 後編

作中での活躍

アウブ・アーレンスバッハにとってはドレヴァンヒェルに嫁いだ娘の子。
アーレンスバッハの領主候補生が激減したため、祖父母にあたるアウブ・アーレンスバッハと第一夫人に引き取られた。
ドレヴァンヒェルから側近として同行してきたロスヴィータゼルギウスの親子をとても信頼している。

13年春にヒルデブラント王子と婚約する。
13年秋以降、フェルディナンドに教育を受けているが、ディートリンデが貴族院に行って領地にいない13年冬の裡に詰め込み教育が行われ、山のような課題に心折られそうになっている *3

14年春、ディートリンデの悪意から逃れるために祈念式に赴き、そこで初めて魔力供給の実践をした *4
フェルディナンドの厳しい教育に何度も音をあげそうになるも、ローゼマインが提案し、フェルディナンドが頼んだことで、ドレヴァンヒェルの実の両親の声が入っている白いシュミルのぬいぐるみが心の支えとなっている。
こうした、ローゼマインの様々な気遣いや贈り物にはとても感謝している。
14年春の領主会議のあと、突然教育が厳しくなった *5
14年夏のアウブ・アーレンスバッハの葬儀に参列したアウブ・エーレンフェストに、ローゼマインへのお返しとして調味料や香辛料を託した。
14年冬に、ライムント経由で貴族院にいるローゼマイン宛の手紙と荷物を送る *6 。荷物はランツェナーヴェ産の飴と玩具のお裾分けで、玩具はクラッカーの様なものらしく、フェルディナンドが欲しがったため、ローゼマインの忠告を参考に課題の削減と取引するといった強かさをみせるようになった。

15年春、ゲオルギーネとディートリンデに誘導され、供給の間でフェルディナンドに毒を与えてしまう。フェルディナンドから名捧げ石の入った箱を受け取り *7 アウブの執務室の外側で警戒に当たっていたユストクスに渡した後 *8 ディートリンデの指示によってランツェナーヴェの者にシュトラールの娘フェアゼーレと一緒に連れ出される。その際に、一瞬で魔石となる毒を持っていると警告しシュトラールは逃げて皆を救えと命じた。 *9
ランツェナーヴェ船の魔力攻撃を防ぐための部屋に入れられるも、フェルディナンド救出に訪れたローゼマインとダンケルフェルガーの騎士達から他の人質とともに救出された。 *10
ローゼマインとフェルディナンドの温情に心から感謝した。アーレンスバッハの城にてダンケルフェルガーの騎士達が休めるよう大広間の準備と客間を側仕え達に整えさせた。 *11
ローゼマイン達に、ランツェナーヴェが即死毒の解毒剤を持っていることを伝える。
継承の儀式にアーレンスバッハの領主候補生として出席した。 *12

新領アレキサンドリアでは、アーレンスバッハの上級貴族落ちの慣習を受け継がないため、そのまま領主候補生として遇される。トラオクヴァールの王命通り、フェルディナンドによって次期アウブとしての教育を受け、結婚後はフェルディナンドの養子となる予定。成人後どのような形で『ヒルデブラントと結婚してアーレンスバッハのアウブ』になるのかは、王族に託された。 *13

経歴

08年頃 アウブ・アーレンスバッハの養女となる *14
12年  洗礼式
12年夏 二人の花嫁(アウレーリアベティーナ)の結婚に立ち会う
13年春 ヒルデブラント王子と婚約する
13年冬 フェルディナンドをアウブ・アーレンスバッハの名代として境界門に迎えに行く
14年春 フェルディナンドと共に祈念式を行う
14年夏 アウブ・アーレンスバッハの葬儀に参列する
15年春 ディートリンデの誘導によりフェルディナンドに毒を与える罪を犯す
    側近を殺されランツェナーヴェの兵に誘拐される。救出された後アーレンスバッハの城で、生き残った貴族達をまとめ上げ
    ローゼマインとフェルディナンドをサポートした。
    アーレンスバッハの領主一族として、継承の儀式に参列する *15
    引き続き、新領アレキサンドリアの領主一族となる。 *16

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。