コンラート

初出:337話

家族構成

父:シッカーク
母:テレージア(故人)*1
継母:ヨナサーラ(父方の親戚。続柄は不明)
同母姉:フィリーネ
異母弟:ヨナサーラの長男

父方の親戚
 大叔母:父方の祖母の妹

母方の親戚
 従伯母:イズベルガ

容姿

髪の色:栗色
000000000
瞳の色:フィリーネとよく似た黄緑
000000000

地位

階級:下級貴族→平民
職種:洗礼前の子供→灰色神官見習い→青色神官見習い

年齢関連

  • 誕生季:春~夏*2
  • ローゼマインとの冬の年齢差:-6

作中での活躍

フィリーネの弟。
誕生後季節ひとつ程度で母親を失ったことから、母親の(死体から得られた)魔石と母親の財産の大半を使用して購入した子供用の魔術具を与えられ、
コンラートの育児の為に後妻となったヨナサーラを、乳母代わりに充てられた。
しばらくの間は問題がなかったが、ヨナサーラが自身の子を妊娠したことで状況が変わり、
子供用の魔術具を自身で用意できなかったヨナサーラにより、ヨナサーラの子を生かす目的で魔術具を奪われ、
その事実を公にできないよう、虐待を受けた。*3

ローゼマインによって神殿孤児院に引き取られることになった。
孤児院にてディルクと一緒に黒の魔石で時々魔力を抜いて過ごす内に仲良くなる。
がりがりだったが、子供らしくふっくらとした顔になって表情も明るくなった。
シュタープにトラウマを持つ。

ダールドルフ子爵夫人が、灰色神官達の誘拐・聖典の盗難・ローゼマイン毒殺謀略の事件を起こした際、洗礼前の子供用部屋から、灰色神官の誘拐を目撃した。
トラウマを呼び起こされ震えながらも、ローゼマインに状況報告をしたことが、灰色神官達の救出と犯人判明につながった。*4

一部の貴族の横暴さ、身分差による軋轢を身に沁みて知っており、神殿にはしかるべき貴族の庇護が必要だとディルクに投げかけ、
彼に貴族になる道を選ばせるきっかけとなった。*5
自身は、孤児院によって救われた事と、魔力不足により下級貴族の跡継ぎにも成れなかった過去から、貴族社会に戻る事よりも神殿に尽くす事を選択する。
そのため、ローゼマインによる救済措置の回復薬や、フィリーネから親の形見の魔術具を受け取るのを断った。
体が成長して魔力量が増え、儀式での魔力奉納量に応じた収入を得られるようになるまでは孤児院で灰色神官見習いとして過ごす。*6
その後はフィリーネにも金銭的援助を頼み、青色神官見習いとしての部屋を整える予定。
その時のためにもフィリーネには成人時(16年冬)まではエーレンフェストに残ってくれるように頼んだ。
ローゼマイン工房での作業を始め、プランタン商会やルッツとも懇意にしているため、神殿時代のローゼマインのように商談に参加できる青色神官を目指す。
目標の人物は神殿の業務に熟知し領主一族からも信任が厚い青色神官のフリターク

経歴

07年春夏 生誕
11年冬  両親に養育を放棄され神殿の孤児院に移る(貴族の子供として初)
13年秋  灰色神官誘拐事件について証言
14年春  貴族ではなく青色神官を目指すと宣言       
14年春夏 洗礼式
      灰色神官見習いとして孤児院で暮らしながら青色神官見習いを目指している*7

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • フィリーネが移籍した途端、ヨナサーラに嫌がらせを受けそうで不安。それまでにメルヒオールの信を得られるかどうか。 (2019-02-25 09:37:52)
    • 孤児院に入った時点で実家との縁は切れている筈。 (2019-04-13 13:18:39)