ハイデマリー

初出:第391話

家族構成


地位

階級:上級貴族
職種:文官・フェルディナンドの側近

作中での活躍

エックハルトの死別した第一夫人。
フェルディナンドに対する態度がライムントと似ており、フェルディナンドの側近文官で調合助手を務めていた。 *1
貴族院在学中から、フェルディナンドのことが一番で、エックハルトとどちらが役に立つか、よりすごいところを知っているか競っていた *2
エックハルトとの婚約も、もともとは、フェルディナンドが他の領地に婿入りした場合でもついていけるようにするためだった。
フェルディナンドの蔵書の一部分はハイデマリーの所蔵していた物だった。
フィリーネと同じような境遇で、ヴェローニカ派の後妻に家を乗っ取られたハイデマリーは、自分の家の図書室からありったけの本を持ち出し、この家に伝わる貴重な知識は渡さないと言って、自分の主であるフェルディナンドに献上した。 *3
マインが最初に出会った下町の露天商に置いてあった本も、ハイデマリーの実家から失われていた本の内の一冊。 *4
エックハルトが貴族院卒業後に結婚。エックハルトとの子を妊娠するも、死亡。死因については毒死。 *5
エックハルトも共に毒を受けたが、体力のあるエックハルトは助かったが、ハイデマリーは母子ともに遙か高みに上った。
妻も子も失ったエックハルトは半分死人のような状況に陥った *6

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • SSの「エックハルト視点 ローゼマインが不在の冬 前編」にハイデマリーの死にヴェローニカが関係しているような内容があるけど、盗まれた聖典に塗られていた皮膚から吸収する毒が死因で、フェルディナンドが身の危険を感じて神殿に入ったのはハイデマリーの死がきっかけだったのかな - 2017-01-27 14:39:16
    • フェルディナンドが神殿に入って、エックハルトが騎士団の任務で不在中に死亡。と、読んだ記憶があるけど掲載先が思い出せない - 2017-02-05 11:31:17