グレーティア

初出:第462話

家族構成

実父:青色神官(一度も会ったことはない)
生母:元青色巫女。妊娠発覚によって実家に戻された。
父:生母の兄。洗礼式にて名義上の父となった。
母:生母の兄の第一夫人。洗礼式にて名義上の母となった。
兄:名義上の父の息子
弟:名義上の父の息子

容姿

髪の色:灰色
000000000
瞳の色:青緑
000000000
灰色の髪をいつも背で一つに三つ編みにしている。
髪に乱れ一つないようにきっちりとしていて、あまり目立たないようにしているのか、地味な装い。
年の割に発育が良いせいか、胸が大きい。

地位

階級:中級貴族
職種:側仕え見習い・ローゼマインの側近

年齢と属性関連

  • ローゼマインとの学年差:+1 *1
  • 洗礼時の属性(適性):3以下 *2
  • 加護の再取得:隠蔽 *3
  • 534話以降の属性:全属性

作中での活躍

旧ヴェローニカ派の側仕え見習い。ローゼマインの一学年上。
内気で引っ込み思案で、男の子達にからかわれる対象になることが多いらしい。
細かいことによく気が付くので主の部屋や生活を整えるのはとても得意だが、性格上、積極的な人付き合いはあまり得意ではない。
青色巫女青色神官の間に生まれた神殿の子。
生母は実家に連れ戻され、醜聞を隠すために実家の離れに隔離された。それ以後、父である青色神官とは一度も会ったことがない
離れで生まれて、妊娠せずに神殿にいる方が自由で幸せだった、という生母の愚痴を聞きながら洗礼式まで育った。
魔力量を調べた結果、政略結婚のために離れから出されて、生母の兄とその第一夫人を両親として洗礼式を受けることになった。
兄弟からはずっと神殿の子と言われ、髪の色をおばあさんみたいだと嘲笑われ、成長し始めてからは早熟な体をからかわれ、陰でいじめられてきた。
家族内でずっと蔑まれていたため、他人の顔色を読むことと最悪の事態を思い浮かべることが得意。
庇護者を求めてローゼマインに名を捧げした。
同じように名捧げをしていてもマティアスやラウレンツが少し苦手で、基本的に同性である側仕えの誰かと行動している。
上位領地とお付き合いするのが苦手だと言っていたが、ローゼマインが次から次へと王族が関わるため、なるべく内向きの仕事を振り分けられても関わることがあった。
シャルロッテの側仕えに比べると確実に上位領地相手の経験を積んで、「上位領地が相手のお茶会の方がよほど気は楽ですね」と言うようになった。
過去に色々あってラウレンツとベルトラムの父親や兄が大嫌い。

経歴

13年冬 ローゼマインに名を捧げ、側近に就任する。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • グレーティアは名捧げ2回やってるよね。ミュリエラが2回目の名捧げで拍子抜けしたのと同じ感じがする。 - 2016-10-23 19:10:44
    • 結局これ、魔力的に身食いに近い状態だから他人の魔力に染まるのに抵抗が少なかった描写みたいね - 2017-04-22 21:43:17
    • ロゼマ以外としてたっけ? - 2017-04-23 09:06:32
      • 書いた時点では、耐えきった理由がミュリエラの名捧げしかなかった。あと青色巫女の子なので見食いではないし、グレーティアが上級貴族並みの魔力量があるとも思えないから、これ以上の痛みに慣れているという描写なのかもしれない。発育のいい神殿の子だし頻繁に染められてたとか。 - 2017-04-24 06:32:29
  • > 過去に色々あってラウレンツとベルトラムの父親や兄が大嫌い - 2017-04-13 16:52:45
    • これについて言及されてることあったっけ? - 2017-04-13 16:53:15
    • 第五部 女神の化身 ディルクとベルトラムの洗礼式(第578話)の後書きにそう書いてある - 2017-04-22 10:37:13