ヴォルフラム

初出:第521話 *1

家族構成

父:アウブ・アーレンスバッハ
母:ゲオルギーネ
 姉:アルステーデ
 妹:ディートリンデ
異母姉:アウブ・アーレンスバッハの元第一夫人の長女
異母姉:アウブ・アーレンスバッハの元第一夫人の次女
異母姉:アウブ・アーレンスバッハの元第一夫人の三女・レティーツィアの実母
異母兄:ブラージウス
異母兄弟:アウブ・アーレンスバッハの元第二夫人の次男
養妹:レティーツィア

父方の親戚
従妹:アウレーリア
従妹:マルティナ

母方の親戚
祖母:ヴェローニカ
 叔母:コンスタンツェ
  従兄弟:リュディガー
 叔父:ジルヴェスター
  従弟:ヴィルフリート
  従妹:シャルロッテ
  従弟:メルヒオール
  従妹:ジルヴェスターとフロレンツィアの第四子
 異母叔父:フェルディナンド

地位

階級:領主一族
職種:領主候補生

年齢と属性関連

  • ローゼマインとの学年差:+3~+9 *2

作中での活躍

第二夫人の処刑後に唯一残っている男の領主候補生ということで最も有力な次期アウブと目されていた。
第一夫人に反発する勢力の旗頭となって第二夫人の勢力を吸収していた。
このままゲオルギーネとヴォルフラムを中心にアーレンスバッハは進んでいくと皆が思い始めた矢先、不慮の事故によりこの世を去る。

経歴

07~08年 不慮の事故により死亡 *3

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 勝手な想像だけれども、第一夫人派に暗殺されたのではないだろうか。 そして、その報復としてゲオルギーネ派が第一夫人を暗殺する。 結果、ゲオルギーネが第一夫人となる。 アウブ・アーレンスバッハは跡継ぎと第一夫人を失って大痛手だが「お互い様」なので、黙認せざるを得なかった。 ……さらに実は、こういう決着になるところまで想定して、ゲオルギーネがわざと自分の息子を殺させた(暗殺の手引をした)……とかね。 もちろんすべては想像でしかないのですが。 - (2017-08-29 00:03:46)