ヴォルフラム

名前の初出:第521話*1

家族構成


 異母姉:父の元第一夫人の娘
 異母姉:父の元第一夫人の娘
 異母姉:父の元第一夫人の娘でレティーツィアの実母
  甥:*2
  姪:レティーツィア
 義妹:レティーツィア(上記と同一人物。父の養女)

 異母兄弟:ブラージウス(父の元第二夫人の息子でアルステーデの夫)
 異母兄弟:父の元第二夫人の息子*3

父方の親戚
 叔父:
  従姉妹:アウレーリア
  従妹:マルティナ

母方の親戚
祖父:先代アウブ・エーレンフェスト(故人)
祖母:ヴェローニカ
 叔母:コンスタンツェ
  従兄弟:リュディガー
  従姉妹:コンスタンツェの娘*4
 叔父:ジルヴェスター
  従弟:ヴィルフリート
  従妹:シャルロッテ
  従弟:メルヒオール
  従妹:ジルヴェスターフロレンツィアの第4子
  義理の従妹:ローゼマイン(ジルヴェスターの養女)

 叔父:フェルディナンド (祖父の息子)

地位

階級:領主一族
職種:領主候補生

年齢と属性関連

  • ローゼマインとの学年差:+3~+9*5

作中での活躍

第二夫人の処刑後に唯一残っている男の領主候補生ということで最も有力な次期アウブと目されていた。
第一夫人に反発する勢力の旗頭となって第二夫人の勢力を吸収していた。
このままゲオルギーネとヴォルフラムを中心にアーレンスバッハは進んでいくと皆が思い始めた矢先、不慮の事故によりこの世を去る。

経歴

07~08年 不慮の事故により死亡*6

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 勝手な想像だけれども、第一夫人派に暗殺されたのではないだろうか。 そして、その報復としてゲオルギーネ派が第一夫人を暗殺する。 結果、ゲオルギーネが第一夫人となる。 アウブ・アーレンスバッハは跡継ぎと第一夫人を失って大痛手だが「お互い様」なので、黙認せざるを得なかった。 ……さらに実は、こういう決着になるところまで想定して、ゲオルギーネがわざと自分の息子を殺させた(暗殺の手引をした)……とかね。 もちろんすべては想像でしかないのですが。 - (2017-08-29 00:03:46)
  • ヴォルフラムに限らないけど、作中全く「活躍」していないキャラの動向を「作中の活躍」と書かれると非常に気持ち悪い。ただの脇役に「活躍」も何もないし。「作中の行動」「作中の動向」とかにすべきなんじゃ。 - 2017-12-15 03:39:20
  • 死亡年は07年の可能性が高いのでは。4部4エピソードで、ヴォルフラム死亡後にドレヴァンヒェルと交渉してレティーツィアを養子として引き取り、その後急速に衰弱した第一夫人が死亡したとすると。08年の領主会議ではまだゲオルギーネは第一夫人ではなかったのだし。 (2018-09-15 16:35:34)
  • アーレンスバッハを警戒していたエーレンフェスト首脳陣が、ヴォルフラムの死亡をハルトムートの報告まで知らなかったのだから、彼は貴族院卒業後に死亡したのだと思われる。ということはローゼマインよりも少なくとも8歳は年上じゃないかな? 8年までに死去しているのに、+3(ディートリンデと同い年)ってことはないと思う。 (2018-11-25 21:56:59)
    • エーレンフェストはとことん情報収集能力が低いから。 ローゼマインが指示するまで、貴族院の学生達から情報収集することなど考えていなかったし、ローゼマインの指示で集まった情報の中身もローゼマインが目覚めるまで上層部は確認していなかったような状態。 寮監が一行報告になってから(フェルディナンドの在学中?)ロゼマが入学するまで、貴族院の情報(どこの領主候補生が在学していて、中退して、卒業したも含む)をまともにとれていなかった可能性も有る。 (2018-11-26 06:58:21)
      • 領主は領地対抗戦だけ参加して卒業式は参加していないとか、文官が領地対抗戦の中身だけ確認して、卒業式まで精査していないとか、アーレンスバッハとの交流禁止に伴い情報収集どころか情報に近づくことすら回避していたとか…… そういう体たらくだったとしても納得する(勿論実態は知らないけど) (2018-11-26 06:58:43)
      • 「エーレンフェストはとことん情報収集能力が低い」のには賛成。しかしアーレンスバッハに取り入ろうとしていたヴェローニカの支配下にあったのに、「1年前までいたアーレンスバッハ領主候補生が親睦会に不在だ」と上級貴族学生が報告さえしていない・「ヴォルフラムが講義に出席していない」と同級生の上級貴族が気づかない…というのはいくら何でもあり得ないと思う。 (2018-11-26 09:13:04)
        • 領主候補生と同じ授業に参加できるのは同学年の上級貴族(1~3人程度)に限定される上、、情報収集の為のお茶会でも上位領地(アーレンスバッハ含む)とは交流がない(SS31話)。 領主候補生の名前は懇親会前に情報収集できているけど、その領主候補生が第〇夫人の第△子等の情報までは、事前収集できている様子がない(第285話/むしろ領主候補生同士の交流を通じて情報収集している印象)。 加えて上級貴族はライゼガング系がメインなので、収集した情報を上層部(ヴェローニカ派)に報連相でき、かつ、横展開できる関係が構築されているとは思いにくい。<そもそもエーレンフェストの気質上、授業が同じでも上位の領主候補生に自ら進んで話しかけることができなそうな上、ライゼガング系だと上からの明確な指示がない限り近づこうともしない気がする(そして情報収集を学生に指示する人物が上層部にはいない)。 / ……という諸々から、ヴォルフラムが亡くなったのが貴族院就学後だったとしても、気づかない、または、情報が上に伝わらない可能性はあると思う。 (2018-11-26 21:32:25)
          • 名前を知りうる立場にいる(筈の)、領主一族やその側近が、アーレンスバッハの領主候補生の名前と血統と年齢対応表をまとめたものを貴族院に通う子供達に渡すとも思えないしね。 下手するとヒルシュールの寮監職務放棄の所為で、領主一族やその側近ですら、対応を把握していなかったというオチもありうると思う。(男女何人ずつの子供がいるという情報しか入手できていないとか) (2018-11-26 21:49:40)
          • ついでに言えば、ロゼマが貴族院での情報収集を指示するまでは、学生達の情報収集は自分や自分の一族の為にするものであって、領主一族に報告するものではなかった可能性が高い気もする。<報告しないというより、報告するべきものとすら思っていない可能性。  10年冬はヴィルフリートの報告のみ(第316話)、11年冬はメルヒオールの側近の報告は無(第400~401話)という辺り、学生で上層部に報告する義務が発生するのは、在学中の領主候補生&その側近だけのようだし……。 (2018-11-26 22:13:14)
          • 毎年領地対抗戦に出かけていたはずのジルヴェスターが (2018-11-27 17:35:12)
          • 途中送信、失礼しました。この (2018-11-27 17:36:36)
        • ヴェローニカの孫だしさすがに旧ヴェロ派は知ってたと思うけど、ヴェロ投獄に関与した面子やライゼガング系に報告する義理も義務もない (2018-11-27 00:16:46)
          • 死亡したのが07年冬前ならともかく08年春~秋なら、ヴェローニカが白の塔に入った後、かつ、アーレンスバッハとの交流が押さえられてたしね(ビンデバルト伯爵関係で自粛モード)。 指摘の通り、アーレンスバッハ出身の生粋のヴェローニカ派なら気づいても報連相しなさそうだね。 そして、それ以外ならアーレンスバッハ自体に近づかなそうだ(第336話より 貴族院でも接触が控えられていた)  <アーレンスバッハ出身の生粋のヴェローニカ派は上級にはいなさそうだから、機会がなくて気づけないというオチもありうるけど。 (2018-11-27 07:49:52)
          • ヴェローニカの孫だけど、同時にゲオの子の上、ジルのゲオに対する隔意は(ジル側近及びその周辺には)それなりに知られていそうだから、(ゲオ絡みの話題は)ご機嫌取り重視でジル本人には報告しない + ヴェロはヴェロで息子にわざわざ報告しない(自分が個人的に得た情報を提供する必要性を感じない、または、ジルも報告を受けていると思い込んでいる)。――という可能性もあるかもしれない。<07年冬以前も含める場合の、ヴェローニカ派動向 (2018-11-27 08:04:58)
  • 書籍版第四部Vの人物関係図でヴォルフラムの箇所がブラージウスと記載されている。単なる誤記か、書籍版ではヴォルフラムとブラージウスの名前を交換するのかは不明 (2018-12-11 07:45:11)