トルキューンハイト

初出:第569話

家族構成(推測)


地位

階級:王
職種:ユルゲンシュミット王子→ランツェナーヴェ王

作中での活躍

グルトリスハイトを手に入れた3人のツェント候補の1人だったが後継として認められず、それに不満を持ったために新天地を求めてユルゲンシュミットを飛び出した。
自身の持っていた魔術具や魔石を抱え、自分の妻や子、側近達を連れて船に乗ってランツェナーヴェと呼ばれる土地にたどり着く。
当時ランツェナーヴェは痩せた土地であり、人々がなんとか生活できる程度であった。
そのため彼はグルトリスハイトを使って礎の魔術を作成し、エントヴィッケルンで自分達が住むための街を作り上げて、ランツェナーヴェの王となる。
とはいえランツェナーヴェではシュタープを手に入れることが出来ず、シュタープなしでは礎の継承が不可能なので、そのままでは自身の死後、いずれ礎の魔術もエントヴィッケルンで作った街も崩壊してしまう。
ユルゲンシュミットのツェント(恐らくハイルアインド)との交渉の結果、ランツェナーヴェの姫をユルゲンシュミットに送り、生まれた男子の一人のみがシュタープを持ってランツェナーヴェに返されることになった。
これがアダルジーザの離宮の始まりであり、このシステムによりランツェナーヴェは400年近く続く。

ランツェナーヴェにはシュタープは勿論魔石すら満足に入手できる方法が無いらしく、ユルゲンシュミットに依存するなど国として歪な構造をしており、メスティオノーラの書で歴史を知るフェルディナンドはランツェナーヴェの窮状に対して「恨むならトルキューンハイトを恨め」と全ての元凶である事を示唆している。


コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 情報ではなく、感想文を書きたがるやつは一体何なの。 - 2017-07-08 18:32:30
    • 編集がんばってください - 2017-07-09 01:44:44