エアヴェルミーン

初出:第584話

容姿

髪の色:白
000000000
ローゼマインから見ると30代後半。細身で大柄な男性。
腰まで届く髪は白く、肌も真っ白。衣装も白い。
建国の頃から姿は変わっていない。

地位

階級:神族(元・命の眷属神)

作中での活躍

本編以前の来歴、伝説については建国神話を参照。
その来歴からエーヴィリーベを嫌い、メスティオノーラの事は慕わしく思っている。

貴族院の図書館のシュバルツとヴァイスが語る『じじさま』。
エーヴィリーベに追われた者をユルゲンシュミットで匿い、自身の贖罪の地としている。
普段は始まりの庭で白い大木に姿を変えており、貴族院の巨大な魔法陣を起動させることで人の姿を形どる。
人の姿になってもその場から動くことはできない。
神格を失っており、神としての力を振るうことも制御することもできなくなっている。
資格を持つ者にメスティオノーラの英知を与えて(大昔の基準で)ツェント候補にする役割を担う。
ユルゲンシュミットの礎に魔力が供給されなくなり、崩壊が間近に迫っていることに焦っていた。

エアヴェルミーンは魔力を通じて意思の疎通を行っているため、同じ魔力の色を持つ他人を見分けることができない。
エアヴェルミーンの元に訪れたローゼマインは、魔力の色と授かった最高神の名前が過去に無礼な手段で訪れたフェルディナンドと同一だったため、同一人物だと思われてしまった。このことから、魔力の持ち主以外には見えないインクといった魔術具より見分ける能力は低い可能性がある(貴族の魔力も参照)。
フェルディナンドに対する苛立ちのまま、アーンヴァックスに頼んでローゼマインの体と器を急成長させ、メスティオノーラの英知を与えた。
英知を与えたのがフェルディナンドとは別人だと知るのは全てが終わった後であった。ちなみに、現在も神であるメスティオノーラとアーンヴァックスはローゼマインの容姿がメスティオノーラに似ていると認識しており、元神であるために感覚を喪失して人の容姿を認識できないのか、元々人を魔力でしか認識できないのかは不明。
ローゼマインが得たメスティオノーラの英知は6~7割ほどで、残りはフェルディナンドが先に手に入れていた。
最高神の名前が同一であることから、システム上混同されてしまい、フェルディナンドが既に手に入れていた分は与えることができなくなっていた。
そのため「フェルディナンドを殺して魔石から知識を奪え」と告げたが、すげなく断られる。

ジェルヴァージオはユルゲンシュミットへ侵略していたが、礎を染めるつもりがあったためメスティオノーラの英知を与える。
しかし英知の光が、ローゼマインとフェルディナンドに闇の神のマントで吸収され、本来ジェルヴァージオが持つはずの英知は奪われてしまい、それ以上与えることができなくなる。
礎へ向かうことも邪魔されたため、渦中の3人を自身の元へ呼び寄せて、ローゼマインとフェルディナンドに敵対した。
途中でメスティオノーラが降臨したことで、落ち着いた態度を取るようになった。
メスティオノーラに命の奪い合いを禁じられ、それぞれの望みと現状についての情報を共有する。
ツェント候補3人ともメスティオノーラの英知が穴あきのため、3人に未だ魔力の満ちていない国境門を染めて戻ってくる速さを競わせて、勝者をへ案内すると約束した(フェルディナンドには騙されている)。
しかしフェルディナンドに暗躍され、まっとうな勝負は行われなかった。
フェルディナンドが一番最初に帰ってきたが、一方的に勝利宣言をされただけで礎の場所も聞かずに去られ、始まりの庭を物置のように利用された。
無礼なフェルディナンドの事を非常に嫌っており、フェルディナンド以外の者がツェントになった方がいいと考える。

ローゼマインは二位だったが、ほとんどの国境門だけでなくユルゲンシュミットの礎にも魔力供給を行ったことから、新たなツェントに任命した。
ローゼマインに礎を染めさせるため、再びメスティオノーラを降臨させようとするが、フェルディナンドのお守りによって降臨が防がれた上に本人にも拒否されたため、神々の祝福を与える。結果、人の体では神々の御力を制御できずに苦しませることになる。
慌てたメスティオノーラの助けを拒むフェルディナンドを見て、ローゼマインを死に追いやろうとしていると勘違いする。
余計なことをされないようにと効力を少し弱めた即死毒を盛られ、大木の形に戻された。
メスティオノーラが降臨し、自身も再び人の形に戻るが、尚もフェルディナンドから攻撃を受けた。
ローゼマインが戻り、エグランティーヌへのグルトリスハイトの継承が終わると、始まりの庭から追い出すように出入り口を作り大木に戻っていった。
これらの経緯からフェルディナンドからは、元神なので敬う理由もなく、人の理を理解しようとしないのに人の世に大きく干渉する上、ローゼマインに余計な事をして度々死の危険に陥れる存在として問答無用で攻撃するほど嫌われている。

なおフェルディナンドに髪を切られており、魔紙の研究用に持ち帰られ、その後アーレンスバッハ全体を癒す大規模魔術のために利用された。
ユルゲンシュミットの存続を願い、神々に助力を願ったらフェルディナンドから攻撃されたある意味可哀想な存在と一番被害にあったローゼマインは評している。

人の理は神々にとっては短い期間で変わり、人の理について語る者は長い間訪れず、勝手にユルゲンシュミット内部で殺し合うため、神の常識とかみ合わずに考えるだけ無駄だと思っている。また、人の話を聞こうとせず、記憶を読み取っても心情までは理解しようとしないため、上記のように人の事情を無視して自分の使命を優先したり勝手な解釈をする傾向にある。
元神であるため、魔力量が成長後のローゼマインと比較しても段違いに多い。

経歴

前01年冬~02年冬
    非正規ルートで始まりの庭に訪れたフェルディナンドメスティオノーラの英知を授ける
14年冬 正規の手順を踏んで始まりの庭へ訪れたローゼマインにメスティオノーラの英知を授ける
15年春 正規の手順を踏んで始まりの庭へ訪れたジェルヴァージオにメスティオノーラの英知を授ける
    ユルゲンシュミットに魔力を満たす為に次期ツェント候補の争いに介入したが、ローゼマインに降臨した
    メスティオノーラの調停を受け入れた

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 「ジジさま」は案内した黄金シュミルではないだろうか - 2016-07-15 23:30:38
    • 第584話の真ん中からやや後半部「この人がじじさまか。わたしは白い男をまじまじと見つめる。」のあたりを読みなおしてみると良いかと。 - 2016-07-16 00:05:26
    • さすがにその勘違いは読み飛ばしてるとしか言えない - 2016-07-16 01:10:34
    • 多分「ひめさま」呼びなのは、貴族院の図書館の主=メスティオノーラの知識を受け継ぐ=メスティオノーラ=グルトリスハイトの継承者候補 という隠語なので、メスティオノーラ視点からみて「じじさま」ならシュミルを指すのは変だわ。守り育てたエアヴェルミーンを指してると考えた方が自然。ローゼマイン自身もじじさまと言ってるし - 2016-07-16 01:23:13
  • ユルゲンシュミット建国の過程を見るに、単なる仲違いではなく、本格かつ深刻に眷属でありながら主たる神に叛いていた事情が窺い知れる。地雷さんだから、この後はそこら辺を解決するっぽい展開ではないだろうか。 - 2017-01-14 21:15:58
  • 正直、メスティオノーラの書や最高神との契約、元神の魔力認識能力が魔術具以下というのはストーリー上地雷さんの足枷にするための無理矢理感が拭えなかった。魔石恐怖症も同様。 - 2018-01-15 01:28:05
  • 女装してなくても簡単に誤魔化されるどころか、勝手に性別すら勘違いする元神様。エック兄に言わせれば「あまりにも節穴が過ぎる」ということに。 (2018-10-27 16:09:21)
    • 元々木だから、その目は節穴でしかないのであった。 (2018-10-27 16:14:57)
    • 性別すら判別できなくて、よく縁結びの神なんてやってたな。ああ、主神の性格すら見抜けない程節穴だったから、結局辞める羽目になったのか。 (2018-10-27 16:22:01)
    • 目が見えなくて魔力だけで判断してるから、しょうがないね。 (2018-11-08 17:15:46)