リーベスクヒルフェ

初出:番外編13話

容姿

面白いことが好きそうで行動力旺盛な雰囲気の女性。
普段は軽装だが、儀式の時は髪飾りの数が増え、金色を主にした盛装になる。

地位

階級:神族(光の眷属神・縁結びの女神

作中での活躍

本編以前の来歴、伝説については神々のこぼれ話を参照。
気分で勝手に運命の糸を絡ませる事ができる。
ドレッファングーアの紡ぐ運命の糸や、それを使ってヴェントゥヒーテが織る歴史の布に悪戯をするのが好き。

切れた糸をわざわざ他人の糸を使ってまで繋ぐ事には懐疑的で、20年分くらいなら簡単に織り直せるだろうと発言する。
その発言からハンネローレに神々の理が全く違う事を実感させた。

繋ぐための代償とされる事に本人が納得している事もあってか、
シュテルラートと共にローゼマインフェルディナンドの星結びを執り行った。
上記の通り歴史のやり直しに躊躇いがなく、1年なら良いだろうと歴史の布に向かってハンネローレを突き飛ばした。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • じじさま引退前は何してたんだろう?縁結びの権能を譲り受けて神になった?それとも「悪戯の神」とかからクラスチェンジした? (2019-04-11 21:56:09)