グレゴール

初出:第220話
名前の初出:書籍版 貴族院外伝 一年生「ヴィルフリート視点 女のお茶会」

地位

階級:上級貴族*1
職種:騎士見習い・ヴィルフリートの側近

年齢関係

  • ローゼマインとの学年差:同学年

作中での活躍

ヴィルフリートの側近。
参考書の作成時に、自力でお金を稼ぐのは下級貴族のすることで、上級貴族の自分が好んでするようなことではないとローゼマインに告げた*2
その結果、ローゼマイン式魔力圧縮法の講習料の半額を自力で稼ぐことが条件として追加された*3が、講習までに目標額を稼ぎ受講に至った*4

エーレンフェストの貴族の内、ヴィルフリートとローゼマインと共に、上級向けの講義を受けている唯一の学生であり、
ローゼマインの成績向上委員会に付き合ったり*5
図書館登録時に他の学生達と共にローゼマインの閲覧室入りを許可するようリヒャルダを説得したり*6
シュタープ取得時に遅れているローゼマインを心配して何度も振り返ったり*7している。
同時に、ローゼマインが座学・実技共にほぼ初日で合格し、他領の学生と交流を持っていないことも把握している為、
11年冬の貴族院の社交時期より前の段階で、ハンネローレローゼマインと面識がないことを側近仲間に説明する役割を担った*8

経歴

01年  誕生
08年  洗礼式
11年冬 貴族院入学
     ローゼマイン式魔力圧縮法を知る為の契約魔術にサインをする。
15年春 エーレンフェスト防衛で貴族街を担当する。*9

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。