ダンクマール

初出:書籍版第四部V「エピローグ」

地位

階級:(上級)貴族*1
職種:文官・ヒルデブラントの側近

作中での活躍

ヒルデブラントの文官で、普段は厳しい顔をしている教育係。
ヒルデブラントが初めての公務で頭が真っ白になった場合の対策として、
12年の貴族院の親睦会で、ヒルデブラントが座るテーブルの下に隠れて座った。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。