ハイディ

初出:第156話

家族構成

父:ビアス
夫:ヨゼフ
 第一子:08年冬~10年秋のどこか 第一子出産 *1
 第二子:14年に出産 *2

容姿

髪の色:赤茶
000000000
瞳の色:灰色
000000000
赤茶の髪を三つ編みにして、それを上にあげて留めているだけの髪型。
好奇心に満ちた灰色の瞳。
外見には気を配らないタイプの女性。

地位

階級:平民
職種:インク職人
称号:グーテンベルク

年齢関連

  • マイン7歳春の時点で、20歳を越えている *3
  • 第二部の時点で「20歳」と表記あり *4

作中での活躍

インク工房の跡取り娘。好奇心旺盛。
インク作りが好きで、新しい物が好きで、20歳を越えても落ち着きがない。
植物紙専用のインクを作り、色インクも作れるのではないかと思いついて、マインと交渉した。
マインと気が合うため、ベンノにマインが二人になったようなものだと表現された。
色作りの研究では、完全には字が読めないため実験結果を全て記憶している。記憶力は実験でしか生かされない
グーテンベルクの称号を喜んだ奇人。
「金食い虫の研究馬鹿はパトロンと一緒にしておいた方がいいだろう」という理由でヨゼフと共にローゼマインに付いて中央に行くことになった。

経歴

(年代はマインの誕生を0年とする)
08年春 ギルベルタ商会でマインと初面談する *5
08年春 色インク製作に成功し、マインよりグーテンベルクの称号を授かる *6
09年秋 イルクナーの新しい紙用のインクの研究を受注する *7
08年冬~10年秋のどこか 第一子出産 *8
11年春 ハルデンツェルにグーテンベルクとして出張する *9
12年春 神殿でローゼマインと初面談し、以降は会議出席回避推奨となる *10
12年夏 グレッシェルにグーテンベルクとして出張する *11
13年春 ライゼガングにグーテンベルクとして出張する *12
14年  第二子出産 *13

作者コメント

2016年 06月09日 活動報告返答
下町の普通の子です。あ、言動ではなく、見た目の話です。
別に取り立てて美人というわけでもない普通の娘さん。
でも、自分の興味があることには一直線です。
ヨゼフも苦労します。
後書きにも書きましたが、この二人は平民のまま大人になったマインとルッツをイメージして書いています。
話の展開上マインとルッツは離れざるを得ないのですが、こういう未来があってもいいな、と。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。