フロレンツィア

初出:第177話

声 - 長谷川暖

家族構成

父:先代アウブ・フレーベルターク
夫:ジルヴェスター
 息子:ヴィルフリート
 娘:シャルロッテ
 息子:メルヒオール
 娘:第4子
養女:ローゼマイン
兄:アウブ・フレーベルターク
 甥:リュディガー

容姿

髪の色:銀に近い金髪
000000000
瞳の色:藍色
000000000
おっとりとした美女に見える。

地位

階級:領主一族
職種:領主夫人

年齢関連

  • ローゼマインとの学年差:+21 *1
  • 誕生季:春か夏の可能性が大きい *2

フロレンツィア視点の回

第253話 閑話 お茶会
書籍第十一巻SS お茶会
SS20話 フロレンツィア視点 フェルネスティーネ物語ができるまで

作中での活躍

正妻で四人の子持ち。
おっとりとした美女に見えるが、ヴィルフリートの手綱を握る様子は、ローゼマインに肝っ玉母ちゃんと例えられている。
姉さん女房で、ジルヴェスターを押さえられるという偉大な能力を持っている。下町にお忍びで行っているのを知っていながら、ここぞという時に使う等、策士な面も持つ。
嫁姑戦争が大変で、姑に目の敵されていた神官長に同情的だった。ただし、神官長を叱り飛ばせる数少ない人物でもある。
その辺りの縁からエルヴィーラと仲が良く、彼女に協力してもらって、フロレンツィア派を作り上げている。
正確な情報が与えられなくて、ヴィルフリートに教育が行き届かずに洗礼を終えても文字もかけない状態を知った時は、怒りの感情を押し殺して先を見据え、周囲の意見を真剣に聞いた。
ローゼマインが考案した教材に驚愕の嘆息を吐き、ヴィルフリートを更生した事に感謝するようになる。

経歴

前05年冬 貴族院を卒業する
前02年春? ジルヴェスターと結婚する
01年春 ヴィルフリートを出産する
02年冬 シャルロッテを出産する
03年春 エーレンフェストの第一夫人になる
06年春 メルヒオールを出産する
08年春 ローゼマインの養母になる
08年夏 フェシュピール演奏会をサポートする *3
08年秋 ヴィルフリートの教育権を取り戻す *4
12年秋 染色コンペに参加し、染色コンペで選んだ職人にルネッサンスの称号を与える *5
14年夏 ライゼガングの影響力を削ぐべく謀略を試みる *6
14年秋 第四子を出産し *7 回復薬を飲みながらグレッシェルの下町のエントヴィッケルンに参加する *8
15年春 エーレンフェスト防衛にてシャルロッテと共に城を担当する。 *9
    城に侵入してきたゲオルギーネを捕らえ白の塔に連行。神殿から転移された下着姿のゲオルギーネを視認し、アウブへ警戒を促すオルドナンツを飛ばした。 *10

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 神官長を叱り飛ばせるって書いてるけどリヒャルダと混ざってね? - 2017-06-13 12:28:13
    • 第403話 夕食とお茶会でジルヴェスターを叱って神官長にくぎを刺した話があるが叱ってるのは見当たらないような。 - 2017-06-14 18:48:43